女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

頭皮に菌が!?その3つの理由とは。

      2013/10/25

 


 

私たちの周りには菌やダニ、悪影響を与えるものが存在しています。
それは頭皮も例外ではありません!
頭皮は温度や湿度が菌やダニにとって住みやすい環境なのです。
ということは、頭皮には菌やダニが存在しているということです!

「え、大丈夫なの?」と思いますが、今回は頭皮のダニや菌についてお伝えしていきます(≧∀≦)ノ

 

 

《頭皮に存在する菌って?》

余分な皮脂を食べる常在菌

善玉菌と呼ばれる常在菌は、ブドウ菌類、アクネ菌、マラセチアなどの真菌類があります。
ブドウ菌類とアクネ菌は、余分な皮脂を食べて余計な菌を増やさず、身体の耐菌性を高める働きを持っています。
真菌類はカビの一種で、剥がれた角質を食べて分解し、新陳代謝を高める働きを持っています。

かゆみなどの悪影響を及ぼす一時菌

悪玉菌と呼ばれる一時菌は連鎖状球菌、大腸菌などがあり、外部から付着します。
頭皮に付着すると急激に増え、かゆみなどの悪影響を及ぼします。

 

 

《常在菌が増加すると?》

善玉菌は保湿成分の生産、紫外線によるシミやそばかすの抑制、活性酸素を分解する物質の生産などを行なっています。
また、雑菌や病原菌を寄せ付けず、アレルゲンやダニが皮膚から侵入しないようにしています。

良いことづくめのように見える善玉菌ですが、増えすぎると悪玉菌となって髪に悪影響を及ぼし始めます。
善玉菌が増えると、新陳代謝が活発になりフケが大量に発生します。

また、頭皮に刺激を与え、激しいかゆみや湿疹が出たりします。

悪玉菌は水やシャンプーで洗い流して除去することはできますが、頭皮を清潔な状態に保っていないと焼け石に水状態です。

 

 

《頭皮に存在するのは菌だけじゃない!》

皮膚には皮膚ダニが存在します。
皮膚ダニは余分な皮脂を食べて、頭皮を清潔に保つ働きがありますが、皮膚ダニが増えすぎると、皮脂を食べ過ぎて乾燥頭皮になったり、毛根の栄養を吸い取り過ぎて異常な脱毛を引き起こしたりします。

皮膚ダニの活動は人の睡眠中に活発になり、皮脂線や毛根部分から出てきて活動し、皮膚表面を排泄物や死骸で汚染します。

皮膚ダニはニキビやアトピー、かぶれや炎症の原因になったり、皮膚の免疫力を低下させたりします。
頭皮のシャンプーやコンディショナーの洗い残しは、ダニの食べ物が多くなるわけですから、皮膚の常在菌の数が増えてバランスが崩れ、ニキビや皮膚病を引き起こすと言われています。

 

《皮膚ダニの働きとは…?》

一見悪影響ばかりの皮膚ダニですが、脂肪性の分泌物を食べて処理するという大切な働きがあります。
完全に駆除してしまうと、毛包での脂肪分が処理されなくなるので、別な肌トラブルに悩まされます(;´ρ`)
大事なのは、毛穴に雑菌やダニが異常繁殖しないようにすることです!

 

《頭皮環境を整えるヘアケア方法》

正しいシャンプー方法で清潔に保つ!

頭皮に余分な皮脂や角質がついたままだと、菌や皮膚ダニのえさが増えることになるので、正しいシャンプーの使い方で頭皮を綺麗に保ちましょう。

シャンプーの仕方が気になった方はこちら→正しいシャンプーの仕方

免疫力を高める!

免疫力が低下すると、体内の菌が繁殖しやすい環境になります。
免疫力低下の原因としては、老化のほかにストレスや睡眠不足、運動不足などがあげられます。
免疫力を高めるように、規則正しい生活を送ることが出来るように心がけましょう(^∇^*)

食生活に気をつけましょう!

脂っこい食事や高カロリーの食事は、皮脂の分泌が増えると言われています。
ですので、皮膚ダニや菌の餌である皮脂を増やさないためには、野菜を多く使った和食がお勧めです!

 

最後に…。

身体にダニや菌がいるなんて驚きですが、身体にとって必要なものですので、過剰に反応しないで自分の生活を気をつけるだけでも随分違ってきます!
また、寝具も清潔にすることが大事ですので、小まめに洗うようにしましょう(●´▽`●)

 - 薄毛・ハゲになるかのうわさ解明!, 髪についてのあれこれ! , , ,

  関連記事

20120905
ヘナが頭皮を赤く染めるって本当!?

  以前にお伝えしたカラーリング方法の「ヘナ」ですが、ヘナをやったこと …

シャンプーの向き
シャンプーの向き。正しいのは上向き?下向き?

  みなさんはシャンプーをする時、どちらの向きでしていますか? 美容室 …

脱毛因子FGF-5と発毛因子FGF-5Sとは?

        髪の毛の抜け生えのサイク …

20130626
髪の毛の分け目が赤い!紅斑が原因かも!

      温かくなってきて頭皮の血行も良くなり、 …

2015年花粉情報!ヘアケアにもなる花粉症対策とは?

      暦の上では既に春となっておりますが、ま …

髪の歴史
平安時代の女性に学ぶ!ヘアケアの基本。

  その時代を象徴するようにヘアスタイルも移り変わりますが、いつの時代 …

20131007
赤色LEDは育毛に良い!?その理由とは?

          &nbsp …

ヘアケア情報。iPS細胞と毛髪再生医療とは?

          ヘアケアに …

無添加シャンプーや植物性シャンプーにはどんな成分が入っているのか!?

          最近は無添 …

20121203
人種による髪色の違い〜日本は最も多い黒髪〜

      外を出歩いていると、様々な髪の色を見か …