女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

梅雨時期のヘアケア!ブローのポイントとは?

      2015/07/09

 

 

7128123fed51d72d1de3cf4c9b51e18a_s

 

梅雨時期は普段よりも湿度が高く、空気中に水分が沢山含まれています。

そのためどんなにブローをしてもふんだんより水分が吸収して非常に広がりやすいのです。

 

そこで今回は梅雨時期だからこそのブロー方法やヘアケア情報をお伝えしていきます( ・´ω`・ )

 

≪梅雨時期オススメブロー方法≫

梅雨時期のお悩みとして多いのが、髪の毛がうねる・ぺたんこになる・髪がパサつくなどです。

これらのお悩みを解決するためには、ドライヤーのブローが肝心です。

 

まずブローで髪の毛の根元が立ち上がると、うねりやすい髪の毛の中間~毛先も収まりやすくなります。

髪の毛のうねりは毛先に現れますが、実際は根元が原因になっています。

 

うねりやすい髪の毛の中間~毛先ばかりをしっかりとブローしても結局うねってしまうのは根元がしっかりと乾かせていないからです。

髪の毛を指で書き上げてジグザグさせて空気を入れながらブローすることがポイントです。

 

また、広がりを抑えるためには上からドライヤーを当てて乾かすことも大切です。

キューティクルは根元から毛先に向かって重なっているので、その流れに沿って当てると髪の毛も傷みません。

 

梅雨時期のブローのポイントは「水分をいかに少なくしておくか」が大切になってくるので、ドライヤーを使用する前にはしっかりとタオルドライするようにしましょう。

ドライヤーを使って髪の毛を乾かす際は、髪の毛のダメージを抑えるために髪の毛から20㎝ほど離して使って下さい。

 

最後に、キューティクルが広がってしまうと余分な水分を吸収してしまう原因になりますので、冷風を当てて下さい。

冷風はキューティクルを引き締め、スタイルを固定してくれます。

 

 

≪こまめなブラッシングを心がける≫

普段何気なく行っているブラッシングですが、髪の毛の汚れを落としてくれるだけではなく、水分をまんべんなく広げる効果もあります。

また頭皮の皮脂も全体に行き渡らせることが出来るのでまとまり感のあるスタイルをキープ出来ます。

 

静電気が起こりにくい木製で豚毛のブラシでのブラッシングがオススメです。

 

 

 

≪キューティクル保護のための紫外線対策!≫

肌にとって紫外線が大敵なのはご存知かと思いますが、紫外線は髪の毛や頭皮にも大敵です。

紫外線はキューティクルを痛める原因になるので、日傘や帽子でしっかりとカバーするようにしましょう。

 

 

最後に…

キューティクルがはがれることでうねったり髪の毛が広がったりするため、トリートメントも有効です。

保湿効果の高いトリートメントを、うねりやすい髪の毛の中間~毛先までたっぷりとつけて保護しましょう。

 

ただし根元にはつけないように注意して下さい。

頭皮についてしまうと毛穴のつまりの原因にもなりかねますので、トリートメントなどを使用する際は髪の毛だけに使用するようにしましょう(*¨人)

 - 乾燥肌, 夏のヘアケア, 抜け毛, 抜け毛予防, 栄養素, 水分, 疲労回復 , , ,

  関連記事

20130326
育毛サプリメントがヘアサイクルを正す!

      以前にもちらっと出てきた育毛サプリメン …

20130409
強い髪の毛、弱い髪の毛。どっちが抜けやすい?

    髪の毛には、『強い髪の毛』と『弱い髪の毛』が存在する …

疲労回復にもヘアケアにもオススメ!さくらんぼの効果とは!?

  身体を温める果物というのは色々とありますが、中でも赤い色の果物は身 …

健康志向がヘアケアを促進!?豆乳の美髪効果とは!?

        以前より女性に大人気の「 …

夏バテ防止には西瓜を食べましょう!

        夏は暑くて正直早く終わっ …

海藻類に含まれるミツイシコンブM-034とは!?

          &nbsp …

白米よりも栄養たっぷり!発芽玄米の効果とは?

          秋の風物詩 …

夜帰って寝るだけ生活は薄毛・抜け毛の原因に!?

        世間的には平日5日間働い …

目に良い効果をもたらすクロセチンとは?

        アントシアニンに引き続き …

20130516
頭にシラミ!?実はヘアーキャストかもしれません!

        段々と暖かくなってきまし …