女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

疲労回復にもヘアケアにもオススメ!さくらんぼの効果とは!?

      2015/07/09

 

7e27b3fdf3d918eeeedec69fa5d2d127_s

身体を温める果物というのは色々とありますが、中でも赤い色の果物は身体を温めるのに最適です。

もちろんヘアケアにも良くてこのブログでもお伝えして事のあるリンゴも身体を温めてヘアケアにも良い果物の一つです。

 

今回はリンゴよりも小粒で、旬が決まっている「さくらんぼ」についてお伝えしていきます(*0ω0从*)

 

≪さくらんぼとは≫

さくらんぼは桜の木になる実ですが、観賞用のソメイヨシノやヒカンザクラなどとは違う品種の木で、セイヨウミザクラやスミミザクラなどの種類になります。

元々さくらんぼはヨーロッパで栽培されており、日本に入って来たのは明治時代で北海道に移植されたものが東北地方などで発展していきました。

さくらんぼの旬は5月下旬~7月中旬までと言われており、旬時期が一番食べごろです。

美味しいさくらんぼの見分け方は、まず色を見ます。

 

しっかりと赤く色づいて鮮やかでツヤのあるさくらんぼを選びます。

枝は緑色の鮮やかな物がベストです。

 

さくらんぼは収穫と共にどんどんと味が落ちていきますので、買ったらすぐに食べる方が美味しく食べられます。

少し保存する場合は新聞紙などにくるんで出来るだけ涼しいところに置いておきますが、もって2日くらいですので早めに頂きましょう。

 

≪さくらんぼの栄養素とは≫

さくらんぼは身体にすぐに吸収されるブドウ糖が主成分になっています。

他の果実に比べてエネルギーは少ないのですが、ブドウ糖が主成分なのですぐに身体に吸収されていきます。

 

他にも糖質やビタミンAやビタミンC、リン、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラル、カロチン、ビタミンB1やB2なども少しずつバランス良く含んでいます。

カロリーが低く、栄養素がたくさん入っているさくらんぼはまさにヘアケアや健康のためにオススメな果物と言えます。

 

また、アメリカンチェリーと日本のさくらんぼには栄養素の違いも出てきます。

ミネラル成分やポリフェノールなどの成分が多いのがアメリカンチェリー、カロリーが控えめでビタミン類が豊富なのが日本のさくらんぼです。

 

それぞれの栄養面を比べてみて、目的に合わせて品種を選択するのが良いですね。

 

 

≪さくらんぼの効果とは≫

さくらんぼに含まれるバランスの良いビタミン成分が、疲労回復や食欲増進、血行促進や美肌、疲れ目などに効果があります。

特にさくらんぼに含まれる鉄分やカロチンは群を抜いています。

鉄分は貧血や冷え性、疲労回復に、カロチンは疲れ目や肌荒れ予防、病気の回復などに効果があります。

 

 

最後に…

さくらんぼはそのまま食べるもよし、ムースやシャーベットなどのデザートとしても最適です。

他にも、さくらんぼの種を袋に入れてレンジで温めると、頭痛や腹痛を和らげるのに効果的だそうです。

 

固い殻が天然の断熱材になり、乾燥させて出来た中の空気が熱や冷気をためるので、効果が長続きします。

古くからドイツでは民間療法として愛されてきたそうなので、さくらんぼの種もぜひ利用していきたいですね( ・´ω`・ )

 - ミネラル, 冷え, 夏のヘアケア, 抜け毛予防, 栄養素, 髪に良い成分, 髪に良い食べ物 , ,

  関連記事

20130318
髪の毛にまつわる噂まとめ2

        髪の毛にまつわる噂まとめ …

a0002_001098
白髪を予防する栄養素と食べ物!

  白髪を抜くと白髪が増えるとよく耳にしますが、実は抜いたからといって …

20120928
抜け毛・白髪予防に良いレシピご紹介!

      食べ物の美味しい季節なだけあって、スー …

20130416
炭酸水でスカルプケア!血行促進効果もアリ!

        少し前から炭酸ヘッドスパ …

20130326
育毛サプリメントがヘアサイクルを正す!

      以前にもちらっと出てきた育毛サプリメン …

人間と水の関係とは!?健康はヘアケアにもつながります。

      人間の身体を作っているのは、骨、細胞、 …

20130329
ビタミン過剰摂取が脱毛を招く!?その理由とは!

    ビタミンを摂らないと髪が薄くなる!?その理由とは?で …

目に良い効果をもたらすクロセチンとは?

        アントシアニンに引き続き …

お酒の上手な付き合い方とは!?適量のお酒は不老長寿に!?

        さてそろそろお勤めの方は …

人間の体に必要不可欠な酵素とは!?

          少し前から …