女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

ヘアケアにも健康にもアーユルヴェーダが効果的です♪

      2015/02/02

 

 

ac0fc32c3d8ef8c8a511b284d09a2b2b_s

 

 

ヘアケアについて調べて行くうちに、「アーユルヴェーダ」が出てきました。

以前ヘナについてお伝えした際に少しふれましたが、アーユルヴェーダは健康にもヘアケアにも良い効果をもたらすと言われています。

 

そこで今回はその「アーユルヴェーダ」とアーユルヴェーダに使用されるハーブについてお伝えしていきます(丿^ω^ヽ)

 

 

≪アーユルヴェーダとは≫

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語の「アユース(生命)」と「ヴェーダ(知識や学問)」が合わさった言葉で、インドにおける伝統医学です。

アーユルヴェーダは自分自身が自らの心と体の状態を知り、心身ともに調和のとれた健康的な生活を送る方法について教えてくれます。

 

医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、生命科学の概念をも含む、インド5000年の歴史を誇るアーユルヴェーダ。

自ら心と体を癒していく方法を教えてくれる「知識」そのものなのです。

 

 

≪アーユルヴェーダに使用されるハーブ≫

 

・シカカイ

天然サポニン成分が含まれているため、髪の毛のたんぱく質を損なうことなく、脂分を摂らずに髪の毛や頭皮を優しく洗浄する効果があります。

髪の毛はしっとり、サラサラ、しなやかで艶が増し、柔らかくなります。

使い続けることで頭皮を活性化させます。

 

・アムラ

アーユルヴェーダでは「若返り」に欠かせないハーブです。

頭皮の状態を改善し、育毛を促進、フケとかゆみを抑えます。

 

頭皮を若返らせ、丈夫な髪の毛を育てます。

髪の毛にコシを与え、ボリュームを出すので髪の毛が傷んでいる。

 

・カチュールスガンディ

毛根を刺激し、血行を促進・育毛効果があります。

フケやかゆみ、臭いを軽減し、香りがよいのでとても人気があります。

 

・ジャスワンド

毛根の血行を促進、抜け毛を予防します。

コシや艶のある髪の毛に育てます。

 

 

・ナガルモタ

毛根の血行促進、毛根の脂分泌腺を活性化します。

 

・マカ

血行を促進し、髪の毛の成長を促します。

髪の毛を元通りの豊かで黒い髪の毛に戻します。

 

・オレンジピール

抗菌作用があり、頭皮を感染から守ってくれます。

頭皮を清潔にし、フケを抑えます。

定期的な使用で髪の毛をしなやかに柔らかくします。

 

 

≪オイルマッサージと心身浄化≫

アーユルヴェーダは家庭でも行えるゴマ油を用いたオイルマッサージの効果も説いています。

特に頭や耳、足の部位に対するオイルマッサージを習慣とすることを勧めています。

 

皮膚表面からごま油などの植物油をすりこむことで植物油の成分が体内に吸収されます。

吸収された成分は血液を介して必要な組織を滋養し、老廃物を浮かび上がらせます。

 

使用するゴマ油は市販の食用の物(太白ごま油)を100度以上の温度で20~30分程加熱して自然に保ちます。

マッサージ自体はあまり強く擦らず、自分自身が心地よい程の強さで行います。

 

 

 

最後に…

名前くらいは聞いたことがあるアーユルヴェーダですが、実際触れてみるとなにやらヘアケアにも精神的にも良いということが分かります。

ヨガなどにも取り入れられていますので、ぜひ一度アーユルヴェーダに触れてみるのもオススメです(人´∀`)

 - ストレス, ツボ, ハーブ, ヘナ, 抜け毛予防, 栄養素, 血行促進, 頭皮マッサージ, 髪に良いこと , , ,

  関連記事

シジミの肝機能を高める効果で二日酔い予防!

      2015年も明けまして、新年会などお酒 …

20130913
まつげ育毛剤は毛髪にも有効か!?

  今、と言っても少し前から「まつげ育毛剤」が流行していますよね。 ま …

毛母細胞の活性化には核酸が効果的!?

          ヘアケアに …

お肌に優しいシルクでヘアケア!

        髪の毛について色々と調べ …

亜鉛
髪に良い成分亜鉛!多く摂る為の食べ物とは?

  「髪を生やしたいなら亜鉛を摂れ!」と言われている亜鉛ですが、確かに聞いてみれ …

お茶の旨味成分「テアニン」でストレス解消!

          ストレスは …

高い育毛剤と安い育毛剤、どっちが効果があるの?

          育毛剤を購 …

20130117
髪にいい栄養素~食物繊維~

    抜け毛予防に良い栄養素のひとつに「食物繊維」がありま …

20130620
生理中のカラーリングやパーマが危険な理由!

        よく生理の時期はカラーや …

血管の内側と外側の水分バランスを保つアルブミンの働きとは!?

    健康・長寿のために欠かすことのできない成分である「ア …