女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

色で気分が変わる!?ストレス解消にオススメな色とは…?

      2014/11/12

 

 

 

8167d75bf6d0ab5c692cec625a6a1dd7_s

 

 

ある日落ち込んでいると、友人がグリーンのものを身につけるといいよ!と言ってくれました。

よくよく聞いてみるとグリーンは心をリラックスしてくれる色なんだとか。

 

そこで色について詳しく調べてみることにしました。

もちろんヘアケアとも無関係ではありません。

 

ストレスは血液循環を悪くして健康な髪の毛の育成を阻害しますからね。

今回は元気になれる色についてお伝えしていきます(●´∀`)ノ

 

 

≪カラーセラピーとは≫

カラーセラピーとは「色」を使って心と体のバランスを取り戻すというヒーリング方法です。

カラーセラピーの歴史は古く、古代エジプトや古代中国の時代から色を使った様々な治療が行われていたという記録が残されています。

 

色はただ色として認識されるだけではなく、心や気持ちに働きかけ、シグナルをくれます。

暖かさや寒さ、重さ、軽さ、柔らかさ、硬さといったイメージです。

 

 

 

≪元気になりたい!時の色≫

たとえばエネルギーの強い色は「赤」です。

元気になりたいとき、ポジティブになりたいとき、気持ちを高ぶらせたいときにパワーをくれる色です。

 

ただし赤はエネルギーが不足している時には良い色ですが、元々エネルギッシュな人には逆効果になることがあります。

赤と同じくエネルギーをくれるのが「オレンジ」です。

 

オレンジを身につけると明るい気持ちで人と接したくなり、周囲を楽しませたいというコミュニケーションに最適で、楽しい雰囲気と会話を引き出してくれます。

 

またオレンジは食欲アップの色です。

 

あまり食欲がない…という方はテーブルクロスをオレンジにしたり、オレンジ色のライトにしてみたり…そうすることで食べ物が暖かく柔らかく見えて食欲をそそります。

 

≪ゆったりぐっすりくつろぎたい!時の色≫

人間関係や仕事のストレスなどで悩んでいるときは「緑」がオススメです。

緑は毛細血管を広げて血液の流れをスムーズにしてくれる色です。

 

リラックスしたい時には緑が一番です。

ただし同じ緑でも人口染料の緑よりも観葉植物などの「生きている」緑の方がリラックス効果は抜群です。

 

また紫には中枢神経に影響して体や心のバランスを回復させる癒しの効果があります。

クタクタに疲れた夜には紫に色づく入浴剤をいれたバスタブにしっかりと浸かって体の疲れを取りましょう。

 

そして就寝時には青がオススメです。

青はイライラしていたことやくよくよ悩んでいたことを洗い流してくれる色です。

 

就寝時に青色に包まれて寝るとすっきりした気持ちで眠ることができます。

また青は集中力を高める色でもありますので、精神を落ち着かせて集中したい時は青を身につけましょう。

 

 

最後に…

ヘアケアについて悩んでどうしようもないときは外に出かけて気分転換もいいですが、部屋の中を一新するのもオススメです。

もちろん色には好みもありますから自分の好きな色を身につけるのもよし、ストレスを解消したいときには緑や青など落ち着いた色で統一するものよしです( /^ω^)/

 

 - ストレス, 女性ホルモン, 髪についてのあれこれ! , ,

  関連記事

無添加シャンプーや植物性シャンプーにはどんな成分が入っているのか!?

          最近は無添 …

20130201
育毛に効果あり!センブリエキスとは。

      女性用の育毛剤にはどんな種類があるのか …

20130725
夏の必需品!頭皮と髪の毛を紫外線から守る日傘の選び方!

          春から夏に …

a0003_000745
髪を切り過ぎちゃった!でもこれさえ知っておけば安心な髪が早く伸びるコツ☆

  髪をばっさりと切ってきたのはいいのですが、ちょっと短く切り過ぎたか …

女性ホルモンを増やすアロマオイルとは!?

        更年期障害などで女性ホル …

20130416
炭酸水でスカルプケア!血行促進効果もアリ!

        少し前から炭酸ヘッドスパ …

20130902
虫歯と抜け毛の関係性!?虫歯が原因で薄毛が進行する?

        みなさんは食べ物を食べた …

身体を温める野菜と果物!冬こそ美味しく身体を温める食べ物を摂りましょう!

          寒いこの時 …

20130626
髪の毛の分け目が赤い!紅斑が原因かも!

      温かくなってきて頭皮の血行も良くなり、 …

危険がいっぱい!?独自開発成分とは?

      ここ最近「独自開発成分」という言葉を耳 …