女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

体臭・口臭が気になったら消臭効果のある「シャンピニオンエキス」

      2014/11/12

 

 

c74382b13ef525fec7dedf3d4a6386af_s

 

 

私自身夏よりも冬のほうが自分自身のニオイが気になります。

というのも、実は夏よりも冬の方が代謝の面で汗をかきやすく、さらに衣服を着込むためニオイがこもりがちだからです。

 

ヘアケアに力を入れていても「ニオイ」で周りに迷惑をかけていたら…と思うとちょっと嫌ですよね。

そこで今回は消臭効果のある「シャンピニオンエキス」についてお伝えしていきます\(・o・)/!

 

 

 

≪シャンピニオンエキスとは≫

シャンピニオンエキスとは、フランス語できのこ全般を意味しますが、日本ではマッシュルームとして親しまれています。

シャンピニオンエキスの最も注目するべき働きは整腸作用であり、腸環境の悪化による口臭や体臭を和らげます。

 

シャンピニオンは世界で生産量が最も多いきのこであり、日本では約80年前から栽培が始まりました。

かさが開かず、丸くすべすべしているもの、軸が太くてしまり、弾力のあるものを選ぶようにしましょう。

 

シャンピニオンは食品のため1日の摂取量は特に決まっていませんが、過剰な摂取は控え、毎日少しずつ継続的に摂ることが大切になってきます。

さらにシャンピニオンエキスを積極的に摂取するだけではなく、腸内環境の悪化の原因となる偏食を改めて普段からバランスの良い食事を心がけることも大切です。

 

シャンピニオンエキスには、ポリフェノールやアミノ酸、フラボノイド、多糖類、ミネラル、ビタミン類などが豊富に含まれています。

 

 

 

≪シャンピニオンエキスの整腸効果≫

腸内環境は偏食やストレスによってバランスが崩れ、腸内では悪玉菌が増殖・発酵し、悪臭のガスを発生させます。

このガスを腸の壁が吸収して不快な口臭や体臭を引き起こし、さらに進行すると便秘になりがちです。

 

シャンピニオンエキスは善玉菌と悪玉菌のバランスをはじめ、腸内環境を整えて、老いの元になる有害腐敗産物の生成を抑えます。

このため、口臭や体臭を消す効果が期待され、介護施設などでも利用されています。

 

 

≪シャンピニオンエキスのむくみ解消効果≫

シャンピニオンエキスに多く含まれる成分であるカリウムは、カルシウムとリンに続いて人間の体の中に多く存在し、細胞内液に多く存在しています。

ナトリウムは細胞の外側に大部分が存在し、ナトリウムとカリウムの濃度は一定のバランスで保たれています。

 

この一定のバランスが、ナトリウムの過剰な摂取、またはカリウムの不足等で調節できなくなると、細胞内のナトリウムの濃度を下げるために水分を取り入れます。

血管の細胞でこれが起こると、血管壁が水分で膨れるため、血圧が高くなり顔では組織液やリンパ液が薄められ、むくみとなって現れます。

シャンピニオンエキスにはカリウムが多く含まれているため、カリウムを摂取することでむくみの解消につながると言えます。

 

 

 

最後に…

シャンピニオンエキスが含まれるマッシュルームは、パスタやシチュー、肉・魚料理の添え物、ピザなど様々なシチュエーションで使用できる食べ物ですので、ぜひ積極的に、毎日少しずつ摂取していきたいですね(*´∀`*)

 

 - 加齢臭, 成分, 栄養素, , 臭い, 髪に良い成分 , , ,

  関連記事

ヘアケアにオススメな鍋ベスト3とは!?

        段々と寒くなってきまして …

20130523
女性が男性用シャンプーを使用する際のメリットとデメリット

        男性用シャンプーと女性用 …

殺菌効果の高いマヌカハニーの美肌効果とは?

        以前からはちみつは健康に …

20121022
ノコギリヤシの脱毛予防効果とは!?

    ヘアケアにおいて、「ノコギリヤシ」を聞いたことが無い …

黒酢の健康・ヘアケア効果とは!?

        健康に良いものはヘアケア …

20130628
細胞増殖因子!?FGF-7とFGF-5とFGF-5Sとは!

        育毛のことについて調べて …

20130122
円形脱毛症に効果的!?セファランチンとは!

      女性の薄毛に有効な成分として「セファラ …

カークランドとは?女性も使用していいの?

        育毛効果のある成分として …

20130502
ツボ押しで薄毛改善!血行促進と不眠解消!

    GWも前半が終了してしまいましたね! 肌寒い日が多か …

秋が旬の食べ物でヘアケア~栗~

        秋が旬の食べ物といえば「 …