女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

育毛剤の同時使用による相乗効果とデメリットとは!?

      2014/05/02

 

 

a1130_000531

 

 

ヘアケアを行っていく上で、発毛の効果をより強いものにしたいと考えることは当然ですよね。

その中でも真っ先に考えるのは育毛剤の複数使用です。

 

たくさん髪の毛に良い育毛剤を使えば良い効果が得られるのではないか!?と思いますが、実際のところどうなのでしょうか。

今回は育毛剤の同時使用による相乗効果とデメリットについてお伝えしていきます( ●`▽´● )

 

 

≪育毛剤の同時使用の相乗効果≫

一言に育毛剤といっても男性ホルモンの分泌抑制型、頭皮の血行促進型、栄養補給型、頭皮環境を整える型などタイプは様々です。

これらの育毛剤の成分、そしてその成分が育毛にとって何に有効なのかを知ることが育毛剤の同時使用の大前提となります。

 

同じタイプの育毛剤を使用しても相乗効果は期待できません。

男性ホルモンの分泌抑制型の育毛剤を数種類使ったとしても同じ効果ばかりで、あまり期待は持てませんよね。

 

例えば、血行促進型と頭皮環境を整える型を同時に使用することによってある程度の相乗効果は望めるでしょう。

そう、異なる効果を持つ育毛剤を使うということが重要なのです。

 

自身の発毛を阻害している原因を突き止めて、その原因を取り除く成分を持つ製品と育毛剤を合わせることで真の効果を発揮します。

なので育毛剤×育毛剤でなくてもいいんです。

育毛シャンプーや育毛サプリメントなどと一緒に使っても育毛剤の相乗効果は狙えます。

 

育毛剤を使用していて、効果が感じられないという方は育毛剤を変えるよりも育毛シャンプーや育毛サプリメントを使用した総合的なヘアケアにシフトチェンジしてみてください。

 

 

 

≪育毛剤の同時使用のデメリット≫

育毛剤の同時使用のデメリットは、育毛剤の副作用に関してです。

よく育毛剤の注意書きのところに、ほかの育毛剤との併用してはならないというような文章が書いてある商品があります。

 

このような文章が書かれている育毛剤は、ほかの育毛剤と併用すると成分同士が化学反応を起こして頭皮に害をなす危険性がある場合があります。

また発毛効果が薄れてしまう場合などの予防策として、注意書きされているのです。

 

通常の場合であれば副作用の心配のない成分でも、複数の育毛剤を併用してしまうとどんな成分になるかわからないのです。

しかも複数の育毛剤を使用してトラブルが起きたときは全て自己責任になります。

 

メーカーに問い合わせても、他社製品のことは購入者と同じレベルでしか知識がありませんし、育毛剤の効果は個人差が大きいため一概に回答できないのです。

特に医薬品の育毛剤は注意してください。

 

医薬品は「薬」ですので、薬と薬の併用を素人判断でするのはいささか不安ですよね。

医療機関に意見を求めたり、ご自身で調べ尽くすなりのさらなる知識が必要となります。

 

 

 

最後に…

育毛剤の効果には個人差がありますので、人が効果があったからといって必ず自分にも効果があるわけではありません。

しかも大抵効果が出るまでに時間がかかりますので、育毛剤や育毛グッズを使用する際には、継続することを念頭に置くようにしましょう*(^ω^@)

 

 - 成分, 抜け毛予防, 毛髪, 髪についてのあれこれ!, 髪に良い成分 , ,

  関連記事