女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

無添加シャンプーや植物性シャンプーにはどんな成分が入っているのか!?

      2014/01/24

 

 

 

a0003_ki_0061

 

 

最近は無添加シャンプーや植物性シャンプー、弱酸性シャンプーなど様々なネーミングのシャンプーが出ていて正直違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。

無添加や植物性、弱酸性などと聞くと髪の毛によさそうだし身体にも影響が少なさそうなイメージですが、実際のところは?

 

そこで今回は無添加シャンプーや植物性シャンプー、弱酸性シャンプーについてお伝えしていきます(`・ω・。)ノ

 

 

 

≪無添加シャンプーとは?≫

無添加シャンプーとは「表示指定成分が入っていないシャンプー」のことを指します。

表示指定成分とは化粧品の場合表示が義務付けられていた約100種類の成分のことを言います。

 

現在では化粧品は全成分を表示することになったので表示成分はもちろん、それ以外の成分全てが記載されるようになっています。

表示指定成分に指定されていた成分は「ごく稀にアレルギーなどの皮膚障害を起こす恐れのある成分」とされています。

 

しかし現在は製造精製の技術は向上しているので、アレルギー症状はほとんどでないと言われています。

実は「無添加シャンプー」と表示して良い基準や定期は決められていません。

 

表示指定成分以外のものも「無添加」とするシャンプーもあればそうでないものもあり、何が無添加なのかは製品ごとに異なるのです。

パッケージや説明書に書かれている成分や説明をよく読んで、消費者自身が判断しなければいけません。

 

 

 

≪植物性シャンプーとは≫

植物などの天然成分が配合されたシャンプーを指します。

こういた植物性の天然成分が配合されたシャンプーに「植物性シャンプー」と表示されることが多いです。

 

しかしその配合量の規定はありません。

つまり1滴入っていても「植物性」「天然成分配合」などと表示しても良いということになります。

原料になる天然成分は1~2万種類もあると言われ、製造・販売元の責任において何を使っても良いということになっています。

 

ほとんどの製品は安全性が確かめられていますが、ごく稀に配合された植物に対してアレルギーを持っている方が使うと皮膚トラブル・頭皮トラブルが起きる場合があります。

そう言った危険を防ぐため、まずはお試し用やサンプルから始めてみることが大切です。

 

 

 

≪弱酸性シャンプーとは≫

弱酸性シャンプーは「お肌に優しい」というイメージを持ちますが、皮膚や頭皮と同じPHであることで刺激が少ないのです。

使用されている成分は様々ですから、植物性シャンプーと同様にサンプルを試してみるのをオススメします。

 

 

 

最後に…

よく無添加シャンプーなどの謳い文句に多いのが「防腐剤フリー」です。

防腐剤が入っていない無添加シャンプーは冷蔵庫で保存するように指定されているものがありますのでよく注意書きを見ないと雑菌が繁殖したシャンプーを使用してしまうことになります。

成分ももちろん大切ですが、大切なのはそれぞれの製品に書かれた注意書きをよく読んで正しい使い方をすることです(●`・ω・)

 

 - アミノ酸系シャンプー, シャンプーについて, 髪についてのあれこれ! , ,

  関連記事

20130617
髪が広がるのは枝毛が原因!?隠れ枝毛とは?

        この時期湿気によって髪の …

20130409
強い髪の毛、弱い髪の毛。どっちが抜けやすい?

    髪の毛には、『強い髪の毛』と『弱い髪の毛』が存在する …

20130919
髪の毛に良い成分まとめ4

      残暑が残る日が続いていますが、体にとっ …

梅雨の時期の正しいヘアケア方法とは!?

      いよいよ梅雨入りを果たしたわけですが、 …

20121001
シャンプーの成分表示とは!?

    この間友人から「シャンプーって日用品なの?」と尋ねら …

20130823
湿気で髪の毛がうねる!キューティクルが傷ついていることが原因?

          &nbsp …

20130906
抗真菌シャンプーでフケ・かゆみ防止!!

          &nbsp …

20130107
1月7日七草の日!七草粥でヘアケア♪

      明けましておめでとうございますヾ(*⌒ …

20130709
お肌のために!パッチテストの意味と方法まとめ

        先日美容院に行って髪の毛 …

20130826
夏の終わりのヘアケアが秋の美髪を作る!

          &nbsp …