女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

冬の節電対策と薄毛・抜け毛対策の関係とは!?

      2013/11/27

 

 

 

 

気温もぐっと下がってきて、段々と本格的な冬が近づいてきていますね。

以前から節電、節電と言われてきたので、まだ暖房器具に手を付けていない方も多いのではないでしょうか。

 

実は冬の節電が薄毛・抜け毛対策になるかもしれないということが調べていくうちに分かりました。

そこで今回は節電と薄毛・抜け毛対策の関係についてお伝えしていきます(・ω・*)ノ

 

 

 

≪汗をかいて節電と薄毛対策≫

節電方法にこそ薄毛・抜け毛対策が隠されています。

例えば、節電対策として入浴後すぐに布団に入って寝るという方法があります。

 

バスタブにお湯を張ってしっかりと入浴し体を温めることで全身の血行が良くなり、頭皮や髪の毛が成長する栄養素が送られやすくなります。

また頭皮のインスリン様成長因子(IGF-I)が増加して、育毛が促進されます。

全身の皮膚への温熱刺激によって自律神経の副交感神経を活性化させることで頭皮のIGF-Iを増やすのです。

 

湯船に浸かって体を温めた後にすぐに布団に入ることによって室内の暖房に頼らずにすむので節電にもなるというわけです。

お風呂に入ってからダラダラと過ごさないように、湯船につかるのは布団に入る1時間前前までに済ませるようにしましょう。

 

更に外で適度にスポーツをすることも節電になります。

外でスポーツをしている間は当然家を不在にしているわけですので、それだけ電気を使用しません。

そしてスポーツは筋肉を使ったり体温をあげたりするのに効果的です。

 

しかも運動をすることによって運動不足が解消され、ダイエットなどにも効果的です。

オススメのスポーツはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動です。

寒さは厳しくなってきましたが、意外とスポーツをしている最中は汗をかくくらいに暑くなるので今が始め時ですよ。

 

 

 

≪温かいものを摂取して節電と薄毛対策≫

節電対策として、体を温める食べ物や飲み物を積極的に取り入れるということがあります。

冬に旬を迎える大根やかぶ、白菜などの冬野菜は体を温める働きがありますし、冬の象徴でもある鍋は体を中から温めてくれます。

 

飲み物についても同様のことがいえます。

しかしここで注意したいが、温かい飲み物だからといって体を温めると誤解してしまうことです。

 

体を温める飲み物は、紅茶・ウーロン茶・生姜湯・黒豆茶・赤ワインなどです。

反対に体を冷やす飲み物はコーヒーや緑茶・牛乳・白ワイン・ビールなどになりますので、出来れば冬はあまり大量に摂取しないようにすることがオススメです。

 

 

体を温める食べ物や飲み物を取り入れるということは、体の冷えを取り除くことにつながります。

体の冷えは血流を悪くして栄養を行き渡らせにくくしますので、ヘアケアにおいては体の冷えを取り除くということはとても大切なことです。

 

なるべく体を温める効果のある食事を心がけるようにしましょう。

体を温める食べ物としては唐辛子などの辛い料理もオススメです。

 

 

 

最後に…

暖房器具を使用しないで体を冷やさないようにするということは節電にも、ヘアケアにもつながるということですね。

もし暖房器具を使用する場合は設定室温を下げたり、必要なときだけつけるように工夫していきましょう☆^▽^☆

 

 - 冬のヘアケア, 冷え, 栄養素, 血行促進 , , ,

  関連記事