女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

FAGA(女性男性型脱毛症)に効果的なパントスチンとは?

      2013/11/12

 

 

 

 

 

 

女性でもAGAになるって本当!?でも記載したとおり女性でもAGAになります。

女性のAGAはFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれ、現在も年々薄毛に悩む女性は増えてきています。

 

FAGA(女性男性型脱毛症)に有効な成分としてパントスチンという成分があります。

あまり聞き慣れない言葉ですが、どういった効果があるのでしょうか。

そこで今回はパントスチンについてお伝えしていきます(●ノ∀`)

 

 

≪パントスチンとは≫

パントスチンとは、女性も使用ができるAGA治療薬です。

パントスチンの有効成分であるアルファトラジオールは、男性用AGA治療薬プロペシアの有効成分である「フィナステリド」と同じく、5α‐リダクターゼの働きを阻害します。

 

パントスチンの有効成分アルファトラジオールには、脱毛因子であるDHTを発生させる5αリダクターゼの活動を抑制する作用があり、遺伝性の脱毛症に有効です。

ちなみにフィナステリドは男性のみが使用でき、女性の使用は禁止されています。

 

 

 

≪パントスチンの使用方法≫

パントスチンは1日1回、脱毛箇所に直接パントスチンを塗布します。

脱毛が改善してからは2日に1回、3日に1回と回数を減らすことができます。

 

 

 

≪パントスチンの効果≫

パントスチンは、有効成分のアルファトラジオールがFAGA(女性男性型脱毛症)と加齢による抜け毛の原因を抑制し、薄毛を改善する外用薬です。

加齢により女性ホルモンが減少すると、抜け毛の原因物質であるDHTが優位になって、主に前頭部や頭頂部の抜け毛が進行します。

パントスチンは有効成分のアルファトラジオールが頭皮内でテストステロンから毛根を傷めるDHTの変換を阻害することで毛根を効果的に攻撃から守り、抜け毛を抑制します。

 

これまでAGAの原因物質であるDHTの抑制作用が見込める薬には女性への処方制限がありました。

しかしパントスチンは女性も使用が可能なDHT抑制作用のある外用薬のため、女性も安心して使えるのです。

 

パントスチンの効果を実感するまでに3~6ヶ月ほどの期間を要します。

どの治療方法もそうですが、治療の効果は治療を始めた時から始まりますが治療の効果を実感するには時間がかかるものです。

 

 

≪パントスチンの副作用≫

パントスチンは成分構造上、認容性が非常に高く、副作用はほとんどありません。

薄毛の症状は1回2回の治療で治ることはそうそうありませんので、パントスチンは長期的な使用が可能になります。

ただ稀にアルコール成分によって短期間の頭皮の炎症、発疹、赤みなどが現れることがあります。

 

 

 

最後に…

パントスチンはパントガールとの併用もオススメされていて、相乗効果も期待できる育毛剤となっています。

男性用AGA治療薬よりマイルドで副作用が少ないと言われているため、安心して使用できますね(。´▽`。)

もちろん不安な場合は医師に相談することも必要ですので、まずは自分のヘアケアの悩みの原因は何なのかを知る必要があります。

 

 - AGA, ストレス, 成分, 抜け毛, 抜け毛予防, 栄養素, 頭皮のかゆみ , , ,

  関連記事