女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

薄毛になりやすいヘアスタイルとなりにくいヘアスタイル

      2013/10/21

 

 

 

 

 

 

ロングへア、ショートヘア、どちらが薄毛になりやすい髪型なのでしょうか。

好きな髪型にはしたいけれど、薄毛や抜け毛を気にした場合、どのヘアスタイルがいいの!?と迷ってしまいますよね。

そこで今回は、薄毛になりやすいヘアスタイルと薄毛になりにくいヘアスタイルについてお伝えしていきます(*・∀・)/

 

 

≪ヘアスタイルによって薄毛になるのか≫

ずばり!基本的には毛根が元気でヘアサイクルであれば、髪の毛が抜けたとしても生えてくるのでロングヘアでもショートヘアでも好きな髪型で大丈夫です!

つまり、根元から元気で丈夫な髪の毛を育てていけばロングでもショートヘアでも好きな髪型にできるということです。

 

ただ洗いやすさ、乾きやすさ、痛みにくい、ブラッシングによるもつれにくさなどを考えた場合は、ボブ以下のショートヘアがオススメです。

ロングヘアは数年かけて伸びているため、髪の毛へのダメージは蓄積されています。

 

もしロングヘアを目指す場合は、丁寧な手入れを継続して大切に伸ばしていきましょう。

髪の毛は自己修復機能が無いので、傷んでいる毛先がある場合は、変にトリートメントやコンディショナーで補修するよりもカットすることをオススメします。

 

 

 

≪髪質によって薄毛になるのか≫

ではヘアスタイルだけではなく、髪質はどうでしょうか。

髪の毛が細いからといって薄毛になりやすいかと言われれば必ずしもそうではありません。

生まれつき髪の毛が細くても薄毛にならない人もいますし、髪の毛が細い・太いで薄毛になる・ならないが決められるという訳ではありません。

 

ただ、髪の毛が細いと、頭髪の密度が薄いために頭皮が見えやすいことが髪の毛が細いと薄毛が心配される原因になっているのかもしれません。

生まれつきの髪の毛の細さに関わらず髪の毛というのは年齢と共に変化して細くなっていくものです。

 

細い髪の毛を太くしていくには、まず食生活を改善してみましょう。

食生活は髪の毛と密接した関係をもっていますから、脂っぽい食事や甘いお菓子ばかり摂ったバランスの悪い食事ばかりを続けていると頭皮にダメージを与えてしまい、より一層抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

 

インスタント食品や麺類、丼ものばかりになってしまうと栄養バランスが悪く、必要な栄養素が髪の毛に行き渡りにくくなります。

細い髪の毛を健康な太い髪の毛にするには必要な栄養をバランス良く摂取して髪の毛に栄養を与えることが大切です。

 

髪に必要な栄養素はビタミン・ミネラル・タンパク質などです。

毎日バランスの良い食事をするのは大変という方は、サプリメントで補ってみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

最後に…

髪質というのは十人十色で、人それぞれ違いますからその人にあったヘアケアをすることが大切になってきます。

「髪の毛が細いから薄毛になる…」「髪の毛が太いから薄毛にはならない!」などと思い込む前に、まずは食生活の見直しと生活習慣の改善から始めてみましょう(*′ω`)ノ゙

 

 - アミノ酸系シャンプー, シャンプーについて, マグネシウム, ミネラル, 抜け毛予防 , ,

  関連記事

食物繊維が多い野菜を食べてヘアケアにも良い効果が!?

  いきなりですが、クイズです。 食物繊維が多い野菜といえば? &nb …

身体の中からヘアケア!消化吸収と良く噛むことの関係は!?

          髪の毛を艶 …

20130806
夏のパサ髪、オリーブオイルで解決!

          &nbsp …

20121221
お湯のみで洗う!脱シャンプーとは?

    シャンプーや髪の毛のことについて調べていく中で、「脱 …

20130723
肌の夏バテ!もちろん頭皮も夏バテを起こしています!

          &nbsp …

活性石ベントナイトの効果とは?抜け毛予防に効果的!?

        最近広まってきた「活性石 …

20131111
不飽和脂肪酸で血液サラサラ効果!

          &nbsp …

20130423
パソコンのブルーライトで薄毛になる!?

        以前目が疲れると薄毛にな …

血管の内側と外側の水分バランスを保つアルブミンの働きとは!?

    健康・長寿のために欠かすことのできない成分である「ア …

20130809
カフェインの効果と副作用!ヘアケアに影響は?

        コーヒーが薄毛を招く!? …