女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

育毛有効成分~ピロクトンオラミン~

      2013/10/21

 

 

 

 

 

 

最近育毛剤の有効成分として知られているピロクトンオラミンですが、あまり聞き慣れない成分ですよね。

あの有名なスカルプDにもピロクトンオラミンも含まれています。

そこで今回は有効成分であるピロクトンオラミンについてお伝えしていきます(≧∇≦)

 

 

≪有効成分とは?≫

おさらいとして、まず有効成分とは、医薬品や医薬部外品に含まれる成分のうち、薬事法に基づき承認を受けた有効な成分を「有効成分」といいます。

化粧品には有効成分というものがなく、効能をうたうことができるのは医薬品や医薬部外品のみとなります。

 

 

 

≪ピロクトンオラミンとは?≫

ピロクトンオラミンとは、環状のヒドロキサム酸誘導体であるピロクトンとエタノールアミンから形成される塩であり、殺菌薬として用いられる有機化合物です。

皮脂の参加によって生じる過酸化脂質の生成を抑えて、殺菌作用で微生物の繁殖を抑えて、細菌などによって生成をする皮脂分解物の生成を抑えます。

 

細菌のほか真菌に対する効果も高いため、真菌症の外用薬として、防腐剤として化粧品などに用いられることもあります。

白色~微黄色の結晶性の粉末で、においはありませんがわずかに特異な匂いがあります。

 

 

 

≪ピロクトンオラミンの育毛効果≫

頭皮を清潔に保ち、フケやかゆみ、汗などの不快な臭いを防ぐ成分です。

殺菌作用、抗酸化作用、頭皮の皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。

 

ピロクトンオラミンは特にフケ予防として定評のある成分ですが、個人差がある成分といえます。

頭皮には皮膚常在菌というものが存在し、病原菌などから頭を守るバリアとして働いています。

皮膚常在菌の一種である真菌「マラセチア」と皮脂が結びつくと、フケ増殖の原因になっていきます。

 

ピロクトンオラミンは真菌に対しても殺菌効果を発揮するので、フケ発生に関係する真菌を殺菌することで、高いフケ防止効果を発揮します。

しかし頭皮のバリア機能として働いている良い細菌・真菌も殺菌されてしまい、バリア機能が低下してしまう恐れもあります。

 

ですので、乾燥肌の方や乾燥が原因の抜け毛の症状やフケでお悩みでない方にはあまり必要でない成分となります。

毒性はないため安全な成分ですが、有効成分として認められているため作用は強めになっています。

 

体質によって、合う合わないがありますので、自分の体質にあっているかの確認が必要です。

ピロクトンオラミンを使用する前に、自分の脱毛・薄毛の症状の原因は何なのかを確認することも大切ですね。

 

 

 

最後に…

フケやかゆみといった頭皮トラブルは、抜け毛の原因でもあるストレスにも繋がります。

薄毛・抜け毛の原因としても多いフケやかゆみは、シャンプーが合わなかったり、シャンプーの洗浄成分が強すぎたり、栄養が不足していたりと様々な原因が考えられます。

フケ・かゆみに悩んだら、まずお使いのシャンプーを見直してみてり、生活習慣を改めてみることから始めてみてはいかがでしょうか(‘ω’*)

 

 

 - シャンプーについて, ストレス, 抜け毛予防, 脂漏性脱毛症, 頭皮のかゆみ, 髪に良い成分 , , ,

  関連記事

男性ホルモンと女性ホルモンの働きの違いとは!?

        男性ホルモンが薄毛や抜け …

ウコンで二日酔い対策!ヘアケアにも良い効果が…?

        既に暖かくなってきて春の …

20130221
アレルギーで抜け毛になる!?その原因とは。

      もう既に花粉が飛んでいるというニュース …

二日酔いに効くオルニチンはヘアケアにも効果アリ!?

          4月も下旬 …

20121024
ヘアケアに効果のあるハーブとは!?

    ノコギリヤシとネトル、ご紹介してきたどちらもハーブに …

20130419
カラーリング後のヘアケアで頭皮へのダメージが軽減される!

    現在は髪の毛を染めるヘアカラーが一般的で、多くの方が …

効果的にダイエットしたい方にオススメの「マテ茶」

        暖かくなってきてそろそろ …

20121217
髪にいい栄養素~ビオチン~

    髪に良い成分のビタミンですが、特に髪に良いと言われて …

殺菌効果の高いマヌカハニーの美肌効果とは?

        以前からはちみつは健康に …

2015年花粉情報!ヘアケアにもなる花粉症対策とは?

      暦の上では既に春となっておりますが、ま …