女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

紫外線から頭皮や髪の毛を守る!メラニン色素とは?

      2013/10/21

 

 

 

 

 

 

髪の毛の色を決めるメラニンは、実は紫外線から肌を守る働きも持っています。

肌を守るということは、頭皮も守るということです。

そこで今回はメラニンについてお伝えしていきます(≧∇≦)ノ

 

 

 

≪メラニン色素とは≫

・髪の毛の色を決める

髪の毛の色は2つのメラニンによって決定されます。

黒褐色のユーメラニンと、赤色や黄色のフェオメラニンで、メラニン色素の割合と量によって色が決まります。

ユーメラニンが多くメラニンのサイズが大きいと黒髪に、ユーメラニンとフェオメラニンの量がどちらもすくないと金髪になります。

 

髪を染めるときに使用する脱色剤であるブリーチ剤は、キューティクルを開き、コルテック内に入りメラニンを分解することで髪の毛を明るくします。

本来はカラーリングをしない方が頭皮や髪の毛のためには良いのですが、オシャレなどの一環で髪の毛を染めている方は、その頻度を落とすようにしてください。

メラニンが減少していくと、白髪の原因になります。

 

 

 

・紫外線から肌を守る

メラニンは紫外線から肌を守る役割を果たします。

黒人の肌はメラニンの量が多いので、紫外線に強いのです。

紫外線に強いと言われているのは、黒人、黄白人、白人の順です。

 

髪の毛や頭皮を紫外線から守ることはヘアケアにとって非常に重要なことです。

メラニンというとシミを作り出す悪者として考えられがちですが、もしメラニンがなければ皮膚の奥まで紫外線が入り込んで、紫外線を浴びて水ぶくれや炎症を起こすことになります。

また紫外線によってDNAを破壊されて、皮膚がんなどのリスクが高まります。

 

確かにシミを増やしてしまうメラニンですが、人間の身体を守るためのバリアなのです。

まずは紫外線を浴びないようにすることが大切ですので、外出の際には日焼け止め、帽子・日傘などを使用するようにしましょう。

 

 

 

≪皮膚の新陳代謝を高めるためには≫

皮膚のターンオーバーが活発であれば、シミの原因となるメラニン色素も垢となって落ちていくのですが、段々と機能が低下していくとメラニン色素がシミとなってしまいます。

お肌は日々のスキンケアで古い角質を除去して、メラニン色素の排泄を促進して、新しい角質細胞がスムーズになります。

 

また、頭皮の新陳代謝を上げるために、頭皮マッサージが有効です。

血行を促進し、新陳代謝を促すことはヘアケアにとって非常に良いです。

 

さらに、メラニン色素を還元するビタミンCの摂取もオススメです。

ビタミンCは苺やレモンなどの果物の他にトマトやキューリなどの野菜類などに豊富に含まれています。

ビタミンCは加熱に弱いので、調理方法には工夫が必要です。

 

 

 

最後に…

女性として年齢を重ねると髪の毛と共に気になるのはシミ・シワですよね。

紫外線から肌を守るためのメラニンとうまく付き合っていくことによって、肌や頭皮が潤いのある環境になれば、髪の毛が育ちやすい環境が整います(*^▽^*)

 

 - 乾燥肌, 夏のヘアケア, 抜け毛予防, 栄養素, 頭皮のかゆみ , , , ,

  関連記事

楠の樟脳でストレス解消!?

        先日ぷらりと一人旅に出か …

お肌を若々しく保つ!小麦胚芽油とは?

        本日もヘアケアについて色 …

20121019
カルシウムが不足すると、薄毛に!?

    つい先日、駅構内で口論をしている男性2人を見かけて、 …

20130705
髪の毛に良い成分まとめ2

      以前にもお伝えした髪の毛に良い成分まと …

20121010
ミネラルが不足すると髪の毛に影響が!?

  たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素のひとつであ …

20130823
湿気で髪の毛がうねる!キューティクルが傷ついていることが原因?

          &nbsp …

20130212
髪の毛の健康にクエン酸!

      体に良いもの、と聞かれて思い浮かべるの …

20130418
髪の毛を作り出すのは頭皮に存在する毛球だった!

        髪の毛が作り出される箇所 …

20130827
タバコのニコチンによって血行不良を招く!

          &nbsp …

口臭の原因は2タイプ!?改善方法とは?

        自分自身の臭いって案外気 …