女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

コーヒーが薄毛を招く!?それとも薄毛を改善する?

      2013/10/23

 

 

 

 

 

 

デスクワークが中心なのですが、どうしても眠気を感じる時があります。

そういう時は大抵コーヒーを飲んでいるのですが、飲みすぎは体を冷やしてしまうので気を付けています。

しかし調べてみると、コーヒーが薄毛に良いという意見もあれば、コーヒーが薄毛を促進する!という意見もあります。

ということで今回は、コーヒーと薄毛の関係性についてまとめてお伝えしていきます(*´∀`*)

 

 

≪コーヒーが薄毛に良い理由≫

コーヒーが薄毛対策として良いとされているわけは、コーヒーに含まれるカフェインにあります。

カフェインを体内に摂取することで、毛細血管を拡張して血行促進の作用があります。

毛細血管を拡張して血行を促進することによって、頭皮への血行もよくなり、毛母細胞に栄養が行き渡りやすくなります。

 

コーヒーを1杯飲んで4~5時間経つことで血流促進の効果が期待できます。

しかしコーヒーを継続して飲むことによってカフェイン中毒になる恐れもあり、胃痛や吐き気などの副作用が出てしまう可能性もありますので、量を調節することが大切ですね。

 

またコーヒーには善玉コレステロールを増やして、体内のコレステロールを代謝して、動脈硬化予防をする働きもあります。

動脈硬化の予防ということは血流がよくなり、血流が良くなれば毛髪に必要な栄養素が行き届きやすくなりますので、健康な髪の毛が生えてきやすくなります。

 

更に、コーヒーの香りにはリラックス効果があります。

ストレスが溜まったときには、ちょっとした時間にコーヒーを淹れて香りを楽しむことによってストレスの軽減につながります。

 

 

 

≪コーヒーが薄毛を促進する理由≫

血行促進効果のあるカフェインですが、実は覚醒作用があり、眠気を妨げたり睡眠の質を低下させます。

この作用を利用して、眠気覚ましにコーヒーを飲まれる方が多いかと思いますが、実は食前や就寝前のコーヒーの摂取はあまりオススメできません。

 

睡眠時間が短くなったり、睡眠の質が低下してしまうと、毛髪の生成や成長に大きく関わっている成長ホルモンの分泌がしっかりと行われないため、結果的には細くて抜けやすい毛髪になる恐れがあります。

更にカフェインを摂取することで毛母細胞に働きかけて、毛髪の成長を促進させるアデノシンという物質の働きを低下させる作用があることから、コーヒーが薄毛を促進する原因になるようです。

 

 

カフェインの効果が完全に消えるまでには5~6時間かかりますので、就寝時の5・6時間前にはカフェインの入った飲み物は控えるようにしましょう。

1日に2杯程であれば髪の毛や頭皮に影響が出ることは少ないようですので、無理にコーヒーを飲まないようにするなどはしないでくださいね。

コーヒーが好きな方がいきなり飲むのをやめてしまうと、ストレスが原因で抜け毛が増えてしまうかもしれませんので、大切なのはコーヒーの摂取量です。

 

 

最後に…

ホットコーヒーは身体が温まって血流がよくなり、育毛にも良いものと思われがちですが、体を冷やしてしまうので、冷え性の方は控えるようにしましょう(●´I`●)

 

 

 - 栄養素, 水分, 血行促進, 髪に悪い食べ物, 髪に良い食べ物 , , , ,

  関連記事

二日酔いに効くオルニチンはヘアケアにも効果アリ!?

          4月も下旬 …

20130118
シャンプーブラシのメリット・デメリット

      シャンプーといえば、「頭皮の汚れを落と …

貧血改善には鉄分!?ヘアケアのための貧血予防

          &nbsp …

20130819
つげ櫛の効果とは?櫛とブラシの違いについて

          &nbsp …

20130301
春先に起こりやすい髪トラブルまとめ

      もうすでに花粉が飛んでいますね(>о< …

20131111
不飽和脂肪酸で血液サラサラ効果!

          &nbsp …

20130212
髪の毛の健康にクエン酸!

      体に良いもの、と聞かれて思い浮かべるの …

20130131
パサつく髪には潤いを与えましょう!

      電車の中で気になってしまうのは、やはり …

EPA(エイコサペンタエン酸)とDHAの違いとヘアケア効果とは?

        このブログでも何回か登場 …

20121218
髪に良い栄養素~グルコサミン~

    テレビを見ていると、CMから「グルコサミン」という成 …