女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

夏の必需品!頭皮と髪の毛を紫外線から守る日傘の選び方!

      2013/10/23

 

 

 

 

 

春から夏にかけて強く降り注ぐ紫外線ですが、その紫外線を防ぐ上で非常に有効なのが日傘です。

日傘といっても100円ショップで買えるものから数万円する高級品まで、いろんな種類があります。

 

では一体どうやって日傘を選んだら良いのか?と迷ってしまいますよね。

ヘアケアにとっても紫外線対策は非常に重要ですので、今回はきちんと紫外線対策をしてくれる日傘選びについてお伝えしていきます(人´∀`)

 

 

≪日傘の選び方とは≫

日傘には「紫外線防止のための日傘」と「暑さを防ぐ日傘」という2つの意味合いがあります。

ですから、この目的に沿った日傘の選び方をしないと、「日傘をさしていたのにシミが出来ちゃった」ということになりかねません。

そして頭皮にも影響がでてきてしまいます。

 

安価な日傘の中には、ポリエステルなどの化学繊維で出てているものが多くありますが、頭皮の環境を考えるとあまりオススメ出来ません。

ポリエステルなどの化学繊維は素材自体が熱を帯びるため、汗をかいて頭皮が蒸れやすくなるため、頭皮環境を考えるならば太陽の熱を繊維の裏側に蓄えて裏まで熱を通さない綿や麻、絹などの自然素材がオススメです。

 

髪の毛や頭皮に有害な紫外線を防ぐには紫外線を通しにくい色の濃いものや厚地のものを選ぶようにしましょう。

さらに紫外線防止のためには、UVカット加工された日傘が有効です。

日傘のUVカットは、よほど薄い生地でない限り、90~96%はカットできます。

従って紫外線防止のための日傘では、厚手の生地にUV加工を施して、内側が濃い色の日傘がオススメということです。

 

また「紫外線防止のための日傘」と「暑さを防ぐ日傘」の2つを持ち合わせた日傘が存在します。

涼しくて紫外線もしっかりとカットしてくれるのが自然素材で出来た二重張りの日傘です。

2枚の布を重ねているので生地と生地の間に空気の層ができ、熱が傘の内側に伝わりにくくなっています。

そして生地の密度が高いため、その分紫外線も通過しにくいので、紫外線をカットしてなおかつ涼しい日傘となるのです。

 

 

 

≪日傘で選びたいオススメの色≫

色の濃い日傘が紫外線をカットする効果が高いとお伝えしましたが、色の濃い黒がオススメです。

一般的に日傘といえば黒というイメージが定着していますが、黒い生地は熱を吸収しやすく、生地そのものが熱くなりがちですので、暑さを防ぐといった意味ではオススメできません。

 

一方、暑さを防ぐ日傘として使用するならば白がベターです。

白やシルバー色の生地なら熱を反射してくれて、生地の温度の上昇も抑えられます。

 

ということは、「紫外線防止のための日傘」なら黒、「暑さを防ぐ日傘」なら白色の日傘が良いということになりますね。

ただ厚手の生地ならばそう変わりませんので、お好きな色の持っていて楽しくなるような日傘を選ぶことも大切です。

 

 

 

最後に…

今の時期は日傘を指している女性の方も多いですし、雑貨店などでも沢山取り扱っていますのでUVカットに注目しながら、お気に入りの日傘を見つけてみるのも楽しいですよ(*^-^)

 - 夏のヘアケア, 毛髪, 髪についてのあれこれ! , ,

  関連記事

頭皮
そもそも薄毛ってなに!?

  このブログでも何度か薄毛というワードを出しましたが、一体薄毛とはど …

20130723
肌の夏バテ!もちろん頭皮も夏バテを起こしています!

          &nbsp …

20121220
5つの間違ったヘアケアで頭皮はダメージ!

    冬のこの時期、乾燥による頭皮のダメージが進行します。 …

20130906
抗真菌シャンプーでフケ・かゆみ防止!!

          &nbsp …

20130425
髪の毛に良い栄養素~ヨウ素~

          ヘアケアに …

20130801
夏は隠れ乾燥肌の宝庫!?夏こそ保湿の理由とは!

          &nbsp …

20130726
紫外線(UV)カット帽子のメリット!

        カンカン照りの太陽が眩し …

20130319
ヘアケア用語。育毛と増毛の違いって?

      髪の毛のことについて調べていると、実に …

20130520
雨の日は髪がまとまらない!広がる髪の毛の理由とは

      本日はあいにくの雨模様ですね。 これか …

child_ha04
頭皮に菌が!?その3つの理由とは。

    私たちの周りには菌やダニ、悪影響を与えるものが存在しています。 …