女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

夏の必需品!頭皮と髪の毛を紫外線から守る日傘の選び方!

      2013/10/23

 

 

 

 

 

春から夏にかけて強く降り注ぐ紫外線ですが、その紫外線を防ぐ上で非常に有効なのが日傘です。

日傘といっても100円ショップで買えるものから数万円する高級品まで、いろんな種類があります。

 

では一体どうやって日傘を選んだら良いのか?と迷ってしまいますよね。

ヘアケアにとっても紫外線対策は非常に重要ですので、今回はきちんと紫外線対策をしてくれる日傘選びについてお伝えしていきます(人´∀`)

 

 

≪日傘の選び方とは≫

日傘には「紫外線防止のための日傘」と「暑さを防ぐ日傘」という2つの意味合いがあります。

ですから、この目的に沿った日傘の選び方をしないと、「日傘をさしていたのにシミが出来ちゃった」ということになりかねません。

そして頭皮にも影響がでてきてしまいます。

 

安価な日傘の中には、ポリエステルなどの化学繊維で出てているものが多くありますが、頭皮の環境を考えるとあまりオススメ出来ません。

ポリエステルなどの化学繊維は素材自体が熱を帯びるため、汗をかいて頭皮が蒸れやすくなるため、頭皮環境を考えるならば太陽の熱を繊維の裏側に蓄えて裏まで熱を通さない綿や麻、絹などの自然素材がオススメです。

 

髪の毛や頭皮に有害な紫外線を防ぐには紫外線を通しにくい色の濃いものや厚地のものを選ぶようにしましょう。

さらに紫外線防止のためには、UVカット加工された日傘が有効です。

日傘のUVカットは、よほど薄い生地でない限り、90~96%はカットできます。

従って紫外線防止のための日傘では、厚手の生地にUV加工を施して、内側が濃い色の日傘がオススメということです。

 

また「紫外線防止のための日傘」と「暑さを防ぐ日傘」の2つを持ち合わせた日傘が存在します。

涼しくて紫外線もしっかりとカットしてくれるのが自然素材で出来た二重張りの日傘です。

2枚の布を重ねているので生地と生地の間に空気の層ができ、熱が傘の内側に伝わりにくくなっています。

そして生地の密度が高いため、その分紫外線も通過しにくいので、紫外線をカットしてなおかつ涼しい日傘となるのです。

 

 

 

≪日傘で選びたいオススメの色≫

色の濃い日傘が紫外線をカットする効果が高いとお伝えしましたが、色の濃い黒がオススメです。

一般的に日傘といえば黒というイメージが定着していますが、黒い生地は熱を吸収しやすく、生地そのものが熱くなりがちですので、暑さを防ぐといった意味ではオススメできません。

 

一方、暑さを防ぐ日傘として使用するならば白がベターです。

白やシルバー色の生地なら熱を反射してくれて、生地の温度の上昇も抑えられます。

 

ということは、「紫外線防止のための日傘」なら黒、「暑さを防ぐ日傘」なら白色の日傘が良いということになりますね。

ただ厚手の生地ならばそう変わりませんので、お好きな色の持っていて楽しくなるような日傘を選ぶことも大切です。

 

 

 

最後に…

今の時期は日傘を指している女性の方も多いですし、雑貨店などでも沢山取り扱っていますのでUVカットに注目しながら、お気に入りの日傘を見つけてみるのも楽しいですよ(*^-^)

 - 夏のヘアケア, 毛髪, 髪についてのあれこれ! , ,

  関連記事

美肌を作るならばレシチン!ダイエット効果もあり!?

          育毛に良い …

太る
食べないのに太る!その原因は○○にあった!?

    「夏に向けてダイエット!」 そう意気込んで野菜を多め …

無添加シャンプーや植物性シャンプーにはどんな成分が入っているのか!?

          最近は無添 …

お肌に優しいシルクでヘアケア!

        髪の毛について色々と調べ …

20130411
髪の毛は肌の一部!?髪の毛はたんぱく質で出来ています。

        元々髪の毛はキューティク …

20130822
髪の毛を傷める9つの原因!夏のダメージは夏のうちにケア!

          夏はしゃぎ …

育毛効果のある成分「銅ペプチド」とは?

          今注目され …

20130930
年齢別のヘアケア方法!髪の悩みは年齢によって違う!

          &nbsp …

20130409
強い髪の毛、弱い髪の毛。どっちが抜けやすい?

    髪の毛には、『強い髪の毛』と『弱い髪の毛』が存在する …

20130109
薄毛の判断は頭髪密度で決まる!?

    通常髪の毛は1日に平均して100本程度抜けていきます …