女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

日焼け対策がヘアケアに!紫外線の恐怖とは!

      2013/10/23

 

 

 

 

 

春から夏にかけて心配なのは、紫外線です。

紫外線対策は浴びないことが一番ですが、夏は海やプールなど外でのレジャーシーズンですから、うっかり日焼けをしてしまうということもありますよね。

 

そこで今回は日焼けと日焼け対策についてお伝えしていきます(*´∀`*)ノ

 

 

≪日焼けとは≫

日焼けとは簡単に言うと一種の軽い火傷のようなものです。

やけどは紫外線の影響により、真皮の血管を拡張・充血させるため、外から見ると赤く見え、ひどい場合には水疱が出来る場合があります。

日焼けの炎症が治まった後は肌を守るために皮膚を保護しようとメラニン色素が働いて肌が黒くなってしまいます。

つまり肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守るためにメラニンが働いているからなのです。

 

 

≪日焼けによるダメージトラブル≫

日焼けは肌にダメージを与えます。 皮膚を赤く見せたり、水疱が出来たりしてしまうことはもちろんですが、他にもシミを作ったり、皮膚の弾力性が失われてシワが出来てしまいます。

もちろん皮膚の弾力性が失われるということは、頭皮の皮膚も同じです。

頭皮の弾力が失われると、健康な髪の毛は育ちません。

 

日焼けは肌の老化を早める元凶と言われていますので、日焼けをし続けると皮膚は固くてもろくなり、しっとりとした潤いも失われてしまいます。

頭皮や髪の毛のことを考えて、日焼けは出来るだけ避けたほうがベストです。

 

 

 

≪すぐ出来る日焼け予防≫

日焼けをしないように、日頃から日焼け予防をしておくことがポイントです。

日焼けがしやすく、紫外線が強い時間帯は午前10時~午後2時ですので、その時間帯外出する際は帽子と日傘、サングラスを忘れずにもっていくようにしましょう。

また、紫外線は建物の中にいても窓ガラスを透過しますし、曇天でも晴天時の80%は降り注いでいますので、曇りの日でも紫外線・日焼け対策はしっかりと行いましょう!

 

日焼け止めは曇りの日でも塗ることをオススメします。

SPF値は日常生活レベルのもので十分ですので、毎日付けることを考えてお肌への負担が少ないSPF値のなるべく低めのものを選ぶようにしましょう。

 

レジャーなどに出かける際はSPF値の高いものをチョイスするなど、時と場合によって日焼け止めを変えることが大切です。

 

 

 

≪うっかり日焼けしちゃった!≫

ついつい日焼けをしてしまった場合は、冷たい水で湿らせたタオルを当てるか氷で冷やすようにしましょう。

水泡ができた場合は、清潔なガーゼで保護して、皮膚科で治療をしてもらいましょう。

 

ヒリヒリ感が消えるまで冷やし続け、冷やしたあとは低刺激の化粧水や乳液などで水分補給と保湿を行なってください。

日焼けをしてから3~4日ほどで皮が剥け始めますが、無理に剥がすと赤くむらになりますので自然にむけるのを待つようにしてください。

 

日焼け直後、化粧品を使用してしまうと症状が悪化しますので、なるべく使用しないメイクを心掛けましょう。

また、衣服の着脱はそっと行い、ぬるま湯にそっとつかるようにしてください。

もし全身を日焼けした場合は、水風呂に一度浸かるのもオススメです。

 

もし日焼けしてしまった場合は、その後出来るだけ日光に当たらないよう以前よりももっと紫外線対策が必要です。

当分は日陰でゆっくりと体を休めるか、外出する場合は長袖を着用し、帽子+サングラスで肌を紫外線から守るようにしましょう。

 

 

 

最後に…

子供の頃に日焼けをしてお風呂に入るのも苦痛だったのを思い出して、改めて日焼けはしたくないなと実感しました。

夏は冷房や体を冷やす食べ物、紫外線など身体に与えられるダメージが大きい時期です。

念入りな日焼け対策で、健康な頭皮や髪の毛、そして体を守っていきましょう(●>∀<●)

 

 - シャンプーについて, 乾燥肌, 夏のヘアケア, 敏感肌, , 頭皮のかゆみ , , ,

  関連記事

20130710
暑さ対策で髪も体も健康に!

          ここ最近3 …

20130111
AGAの1つ!若年性脱毛症の症状と原因。

    女性の脱毛症の種類まとめ!で女性の脱毛症についてまと …

20130528
梅雨のヘアケア対策!紫外線と頭皮汚れに注意!

        もう既に近畿や東海地方で …

ミツバチのミツロウでお肌プルプルに♪

        ハチミツの効果について調 …

冬の乾燥時期のツヤ髪を目指す為には!

      静電気は乾燥の証拠です。 この時期物に …

20130613
脱毛の原因まとめ

        髪の毛が抜ける、というの …

椿オイルで乾燥を防ぐ!ヘアケア効果とは?

        ヘアケアに良いとされてい …

20130213
シリコンより安全!?髪の潤いを保つポリクオタニウムとは!

      シャンプーに含まれている成分を調べてみ …

20120913
頭皮にも乾燥肌・敏感肌が存在した!

  頭皮がかゆい!と思うことは誰もが経験していますよね。 頭皮がかゆく …

20130319
ヘアケア用語。育毛と増毛の違いって?

      髪の毛のことについて調べていると、実に …