女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

クーラーやエアコンが頭皮や髪の毛に悪いワケとは!

      2013/10/23

 

 

 

 

 

夏といえば海やプール、スイカやかき氷といった定番のものを思い浮かべますが、みなさんは何を思い浮かべますか。

私は夏といえば、エアコン・クーラーの時期だなぁと考えます。

 

本日も会社ではクーラーをつけて快適に過ごせるようになっていました。

電車内でもクーラーの冷房が効いていて、思わず外に出たくなくなりますよね。

しかしそのクーラーの冷房が髪の毛や頭皮に良くないということをご存知でしたか。

 

今回は夏の必需品とも言えるクーラーと頭皮についてお伝えしていきます(○´∀`○)ノ

 

 

≪呼び方はエアコン?クーラー?≫

よくクーラーとエアコンの違いがわからなくなりますよね。

クーラーとは冷やすものという意味で、空気を冷やすものの他に水を冷やすウォータークーラー、エンジンの中にあるオイルクーラーやインタークーラーも全部冷やすもので、クーラーです。

 

一方エアコンはエアーコンディショナー(空調機)ですので、冷房機能、暖房機能、除湿機能など多岐にわたり、冷やすだけではありません。

現在販売されているものの多くは、冷房機能と暖房機能が両立しているものが多いため、エアコンと呼ばれることが多くなってきました。

 

 

 

≪クーラーを使用すると頭皮にダメージ!≫

クーラー・エアコンをかけると、室内の空気が非常に乾燥します。

暑い夏などは特に外へ出て汗をかき、室内に戻って頭皮が急速に乾燥すると毛穴にたまった皮脂が固まりやすくなり、血行が阻害されて育毛を妨げてしまいます。

 

そして夏場はクーラーやエアコンの冷房によって身体が冷え、血管が収縮して血行が悪くなり、乾燥と冷えのダブルでダメージを受けることになります。

夏場というのは気温が高くなって人間の体の新陳代謝が高まり、毛髪の成長が活発になる時期なのですが、クーラーやエアコンを使いすぎることによって毛髪の成長が阻害されてしまいます。

 

皮膚に一番優しい湿度は60%~65%と言われていますが、エアコンやクーラーの冷房の効いた部屋では湿度が50%を切っていることが多いです。

湿度が65%から50%に下がると、皮膚が保持している水分量は半分になります。

エアコンやクーラーの冷房が効いている部屋ではそれだけ皮膚が乾燥してしまいます。

 

 

≪ヘアケアの為のクーラー・エアコン対策≫

クーラーやエアコンの冷房が頭皮や髪の毛にとって悪影響を与えてしまいますが、暑い夏を乗り切るためにはクーラーやエアコンをつけなければ熱中症などの他のトラブルを招いてしまいます。

頭皮や髪の毛のことも考えたクーラー・エアコン利用であれば問題ありません。

クーラーやエアコンを使用する際の注意点についてまとめました。

 

・加湿器を利用する

・エアコンの風に直接当たらない

・冷え対策に足元を温める

・風量を弱くする

・設定温度を上げる

・扇風機を利用する

 

 

最後に…

エアコンやクーラーといった便利な道具には必ず欠点があります。

扇風機を使うことでエコにもつながりますし、頭皮や髪の毛のことを考えたらなるべく扇風機を利用するのがオススメです。

クーラーやエアコンも暑さ対策には必要ですが、頭皮や髪の毛の乾燥を考えて、エアコンの風に当たらないようにするなどの対策が必要ですね(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ

 

 - 乾燥肌, 冷え, 夏のヘアケア, 夏バテ, 抜け毛予防, 髪に良くないこと , , ,

  関連記事

殺菌効果の高いマヌカハニーの美肌効果とは?

        以前からはちみつは健康に …

20130405
育毛サロンと育毛病院での施術の違い!

      薄毛や抜け毛に悩んで、もう自分じゃどう …

ビタミンCの王様アセロラの美白・美肌効果とは!?

        最近会社で美白効果のある …

20131009
秋の食材で効率よくヘアケアを行いましょう!

          &nbsp …

高い育毛剤と安い育毛剤、どっちが効果があるの?

          育毛剤を購 …

ヘアケアにオススメな鍋ベスト3とは!?

        段々と寒くなってきまして …

身体の内側からUVケア!ローズヒップティーとは?

    梅雨時期になりましたが、この時期の日差しはかなりきつ …

育毛効果のある成分「銅ペプチド」とは?

          今注目され …

ヘアトニックの正しい使い方!ここに注意すべき!

          久しぶりに …

ミストサウナのヘアケア効果とは!?潤いあるお肌作りに!

        最近、と言っても少し前か …