女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

細胞増殖因子!?FGF-7とFGF-5とFGF-5Sとは!

      2013/10/23

 

 

 

 

育毛のことについて調べていると様々な用語を目にする機会があります。

その中でもFGF-7とFGF-5とFGF-5Sというなんとも似たような名前の単語を発見しました。

 

きっとヘアケアに関わることなんだろうなということで調べてみると、様々なことが分かってきました!

そこで今回はFGF-7とFGF-5とFGF-5Sについてお伝えしていきます(*・∀<*)

 

≪そもそもFGFとは≫

FGFとはもともと人間の体内にある因子で、タンパク質の一種です。

FGFは23種類からなるファミリーを形成していて、それぞれ役目が異なります。

例えばFGF-7は頭皮ケア用品、FGF-1はスキンケア用品など、目的によって異なったFGFが配合されています。

どちらのFGFも皮膚を健康に保つために大切な役割を担っています。

 

 

≪FGF-5とFGF-5Sとは≫

FGF-5とは脱毛司令を行う脱毛因子です。

反対にFGF-5Sというのが、線維芽細胞増殖因子である発毛指令を出す因子です。

 

名前が似ているため混同しやすいので注意が必要です。

FGF-5S(線維芽細胞増殖因子)はタンパク質で、元々人間の体内に存在するのですが、加齢とともに減少します。

 

そしてFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)は、非常にもろく、寿命は何と5時間しかありません。

さらに外部からFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)を取り入れようとすると、とても高価なので不可能に近いのです。

 

髪の毛の状態はFGF-5とFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)のバランスによって決まっています。

このFGF-5とFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)のバランスが崩れる原因となるのが、血行不良や遺伝、ストレスや食生活、生活習慣などの一般的に薄毛・抜け毛の原因とされているものです。

 

つまり薄毛とは、FGF-5がFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)よりも多い状態が原因で引き起こるのです。

ですが、先程も書いたとおりFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)は年齢を重ねるごとに減少してなおかつ外部から取り入れにくいものです。

 

最近では育毛剤などを使ってこのFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)を間接的に体内で生成させるものも出てきていますが、基本的にFGF-5とFGF-5S(線維芽細胞増殖因子)のバランスを崩さないようすることが大切です。

ヘアケア対策としても有効な、頭皮マッサージや適度なストレス解消、バランスの良い食事をとって正しい生活習慣を送るようにしていきましょう。

 

≪FGF-7とは≫

FGF-7とは、線維芽細胞のみならず様々な細胞に対し、増殖・分化などの活性を示す細胞因子です。

別名KGFと呼ばれ、毛乳頭細胞から生産されて、毛母細胞に働きかける発毛促進因子になります。

FGF-7は多くの発毛研究に利用されていて、女性のみならず男性型脱毛症にも効果的とされています。

 

 

最後に…

育毛について調べていると興味深い単語や成分が沢山ありますよね。

ですが一つ一つきちんと調べて意味を理解しないと、間違ったヘアケアをしてしまう可能性もありますので、わからない単語はどんどん調べていきましょう(*´ー`)

 

 - 成分, 抜け毛, 抜け毛予防, 毛髪, 髪についてのあれこれ! , , , ,

  関連記事

髪の毛に良い栄養素「タウリン」

          魚介類に多 …

20121012
髪に悪いシャンプー成分って?

    髪にいい成分があれば、髪に悪い成分もあるというのはみ …

20130610
髪の毛を保護するヘアオイルとは!?

          髪の毛は女 …

ビタミンCの王様アセロラの美白・美肌効果とは!?

        最近会社で美白効果のある …

20130325
ストレートパーマと縮毛矯正の違いって!?

        私は元々癖っ毛なのですが …

お肌に優しいシルクでヘアケア!

        髪の毛について色々と調べ …

活性石ベントナイトの効果とは?抜け毛予防に効果的!?

        最近広まってきた「活性石 …

a1180_007986
ドライマウスで薄毛が進行!?口の渇きが抜け毛の予兆かもしれません!

          &nbsp …

20130412
コエンザイムQ10を超えた白金ナノコロイドの抗酸化作用とは!?

          髪に良い成 …

20130204
髪に良い食べ物~アロエ~

      風邪気味でスーパーをぷらぷらしながら、 …