女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

髪が広がるのは枝毛が原因!?隠れ枝毛とは?

      2013/10/23

 

 

 

 

この時期湿気によって髪の毛が広がったりうねったりしますよね。

憂鬱に思ってトリートメントなどをしても翌日には戻っている…なんてことはありませんか。

 

原因は枝毛にあるかもしれません。

枝毛が出来る原因が分かれば、梅雨の時期も髪の毛が広がらないヘアケアを実践できます。

ということで今回は枝毛についてお伝えしていきます(○´▽`)

 

 

≪枝毛とは≫

枝毛とは、髪の毛先が二股や三股に別れてしまっている状態で、髪の毛が傷んでいる症状のひとつです。

元々髪の毛は繊維質と呼ばれる毛髪細胞がぎっしり詰まっていて、毛髪細胞がぎっしり詰まっている髪の毛ほどコシやハリがある健康的な髪の毛です。

しかし髪の毛が痛んでくると髪の内側の繊維質の密度が少なくなってしまったり、繊維質の質自体が低下してしまうために、髪の内部がスカスカな状態になってしまいます。

 

髪の表面はキューティクルに覆われているので、本来ならば髪の内部の繊維質がどんな状態でも髪の内側に閉じ込められています。

しかしキューティクルがダメージを受けて穴があいたりしてしまうと、そこから繊維質が流れ出てしまいます。

繊維質が流れ出るということは髪の毛の内側が更にスカスカな状態になってしまい、この髪の内部がスカスカな状態の時に枝毛は起こりやすくなります。

 

 

≪枝毛の原因≫

枝毛の出来る原因は、いずれも髪の毛の表面のキューティクルが剥がれてしまうことにあります。

キューティクルが剥がれる原因としては以下のような理由が考えられます。

 

・シャンプー時にゴシゴシと髪を洗う

・タオルドライでゴシゴシと髪の毛を拭く

・ドライヤーを近づけさせている

・髪の毛を濡れたまま放置している

・ブラッシング時に強い力で髪の毛を梳かしている

・パーマやカラーリングを頻繁にしている

 

 

などなど、キューティクルは髪の毛が濡れた状態だと剥がれやすくなっているため、キューティクルが濡れた状態の際は少しの衝撃で剥がれ落ちてしまいます。

シャンプー時やタオルドライのときなどは髪の毛が濡れた状態ですので、髪の毛に触れる際は優しく扱うのがベストです。

キューティクルが剥がれてしまうと枝毛が出来てしまいますので、なるべく濡れたままの髪の毛は放置しない・優しく扱うことを心掛けましょう。

 

 

≪枝毛の修復≫

一度枝毛になってしまった髪の毛は体の皮膚のように自然回復することはありません。

枝毛は髪の毛のキューティクルが傷んでしまい、髪内部のアミノ酸などの栄養素が外に流れてしまったために、キューティクルの表面がなめらかな状態になっていない状態で剥がれてしまっているので当然ツヤもありません。

 

枝毛を修復するには、流れ出てしまった髪の成分を補給してあげることで、ツヤがあり潤いのあるサラサラとした髪の毛を取り戻すことが出来ます。

頭皮や髪の毛に負担をかけないシャンプーで頭皮を清潔にしたり、髪の毛に良い栄養成分が入ったトリートメントで髪の毛を保護してあげましょう。

もちろん枝毛が元通りになるというわけではありませんが、なるべく元のサラサラツヤ髪に近づけていくということになります。

 

 

 

≪隠れ枝毛とは≫

枝毛とは髪の毛先が二股や三股にわかれているのが目に見える髪の毛を言いますが、髪の毛には隠れ枝毛というものが存在します。

隠れ枝毛とは、ダメージを受けた毛先15cmの見えない枝毛のことを言います。

 

裂けてしまった枝毛は、裂けている毛先から5cmはもちろんキューティクルがなくなっています。

その上、髪の毛の毛先から15cmまでキューティクルが浮き上がり、大きくダメージを受けてもろくなっているのです。

しかしこの毛先から15cmのダメージは目で見ることはできないため、隠れ枝毛と言われています。

 

隠れ枝毛は枝毛と同じ髪の毛やキューティクルが傷むことによって発生します。

大人の髪の毛は傷つきやすいため、年齢を重ねるにつれてヘアケアは入念にするようにしましょう。

隠れ枝毛になると髪の毛のパサつきやうねり、ハリやコシの消失に繋がりますので、日頃からトリートメントを行なったり、髪の毛を傷める行動を取っていないか気をつける必要があります。

 

 

 

最後に…

枝毛というのはロングヘアであればあるほど出来やすいですが、きちんと髪の毛に栄養を与えていればダメージを軽減することはできます。

枝毛はないけど髪の毛が広がりやすい、うねりやすいという方は隠れ枝毛の可能性もありますので、髪の毛に良い栄養素が入ったトリートメントを使用するようにするなど、髪の毛を保護するようにしてみてくださいd(o^v^o)b

 

 - シャンプーについて, 乾燥肌, 抜け毛予防 , , ,

  関連記事

IGF-1を増やすラズベリーケトンとは!?

        唐辛子に含まれるカプサイ …

美肌にいい効果をもたらすルイボスティーのヘアケア効果!

        最近注目し出しているのが …

20120925
秋の抜け毛対策!抜け毛の原因はなに?

  秋は抜け毛の季節と言われていますが、確かに秋になると抜け毛が増える …

水溶性ビタミン「葉酸」のヘアケア効果とは?

          ヘアケアに …

目の保護に!美肌に!ルテインの効果とは?

          この時期オ …

20130823
湿気で髪の毛がうねる!キューティクルが傷ついていることが原因?

          &nbsp …

20130418
髪の毛を作り出すのは頭皮に存在する毛球だった!

        髪の毛が作り出される箇所 …

20130625
髪に悪いシャンプーの着色料とは!?

        最近の育毛シャンプーは、 …

未成年の薄毛の原因と対策とは!?

          &nbsp …

ウコンで二日酔い対策!ヘアケアにも良い効果が…?

        既に暖かくなってきて春の …