女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

育毛シャンプーに配合されているオドリコソウエキスとトレハロースとは!?

      2013/10/24

 

 

 

育毛のための成分として多くの成分をこれまでにも紹介してきましたが、今回は食べられる成分に注目してみました。

実際に食品として私たちの口から取り入れられる成分が、実はシャンプーにも入っていたなんて驚きでした。

そこで今回は「オドリコソウエキス」と「トレハロース」についてお伝えしていきます(^∇^*)

 

≪オドリコソウエキスとは≫

オドリコソウエキスとは、オドリコソウの茎や葉、花などの全草から抽出されるエキスで、濃褐色、または赤褐色の液体です。

オドリコソウはシソ科の多年草で、アジア各地や日本でも産地の木陰や林の中に群生しています。

 

特異なニオイがあり、開花時の全草は腰痛用の入浴剤として使用されます。

中国では民間療法によく使用され、オドリコソウの花の乾燥したものを煎じて服用したり、湿布にも使用するそうです。

オドリコソウは山菜として和え物やおひたし、天ぷらなどとして食用としても使用します。

 

 

≪オドリコソウエキスの効果≫

オドリコソウエキスには、タンニンやフラボノイド、生体アミン(ヒスタミン、チラミン、メチラミン)が含まれており、収斂効果や消炎効果などがあります。

主に肌荒れを防ぎ、肌のキメを整えるのを目的として使用されます。

 

頭皮が荒れると炎症を起こし、頭皮や髪の毛にまで栄養がうまく行き渡らなくなり、健康な髪の毛が育ちにくくなってしまうので、頭皮を清潔に保つことはとても大切です。

また、オドリコソウには脱毛を促進する過剰な皮脂を除外したり、皮脂腺の活動を抑制する働きがあります。

 

過剰な皮脂の分泌は頭皮の毛穴を塞いでしまい、健康な髪の毛が育つのを妨害します。

オドリコソウエキスは正常な皮脂の分泌量になるように皮脂腺に働きかけるので、頭皮がベタつくのを防ぎます。

 

 

≪トレハロースとは≫

人間をはじめとする生き物は水分がなくなると生き残れませんが、完全に干からびて死んだような状態でも、水をごく少量加えただけで生き返る生物がいます。

例として、砂漠に生息するイワヒバという植物は乾燥して何年たっても水さえ加えれば生き返ります。

 

イワヒバが生き返る謎は不思議な現象として扱われてきましたが、イワヒバの体内にあるトレハロースが水をしっかりと吸収し、水に変わって細胞を守る働きをしているからだということが分かりました。

 

また、人間などの血糖はブドウ糖ですが、昆虫の血糖はトレハロースで出来ています。

体内に蓄えられたトレハロースが必要なときにブドウ糖に変えられるので、蜂やイナゴといった昆虫は長い距離や時間を飛んでも跳ねても全然平気なのです。

 

トレハロースは昔から生命の生活に密着していましたが、その効果が明らかにされてきたのはごく最近のことです。

 

 

≪トレハロースの効果≫

トレハロースは保湿力や保水力に優れており、ほかの保湿成分よりも乾燥した環境での保湿効果が高く、乾燥から肌を守る効果が高いため、多くの化粧水や乳液などに使用されています。

最近ではシャンプーにも配合されるようになり、それだけ頭皮が乾燥するようになる方が増えたということがわかります。

 

トレハロースは加齢臭を抑える効果があるとされ、体の表面から出る汗の臭いを抑えたり、加齢臭の原因物質と言われるノネナールの生成を抑えたりすると言われています。

男性のみならず女性も年齢を重ねると加齢臭が気になります。

最近では衣服の繊維にトレハロースを結合させ、付着した皮脂の分解とニオイを抑制できるようです。

 

トレハロースは食品ではキノコや酵母に多く含まれており腸内環境を整えます。

腸内環境が整うことによって、体中に回る栄養分も多くなるので、頭皮や髪の毛に行き渡る栄養素も多くなります。

もちろんトレハロースには最大の効果、水分を保持するという効果がありますので、トレハロースが配合されている化粧水やシャンプー、育毛剤を使用することも有効です。

 

 

最後に…

最近ではトレハロースという言葉も一般化して、多くの食品に配合されるようになりましたが、意外と昔からあったとは勉強になりました。

オドリコソウエキスやトレハロースは口から体内に取り入れることのできる、育毛のための成分です。

直接食べても、肌に塗っても効果があるなんて一石二鳥ですよね(*^▽^*)

 

 - シャンプーについて, ハーブ, 成分, 抜け毛, 栄養素, 臭い , , ,

  関連記事

20130208
皮膚を保護する皮膚ダニが抜け毛の原因に!?

      最近頬に大きなニキビが出来てしまいまし …

2015年花粉情報!ヘアケアにもなる花粉症対策とは?

      暦の上では既に春となっておりますが、ま …

なた豆茶のヘアケア効果とは!?

      電車や人との距離が近くなると気になるの …

20130906
抗真菌シャンプーでフケ・かゆみ防止!!

          &nbsp …

便秘解消に「麦芽糖」が効果がある!?

        最近お通じが良くない…と …

20130808
紫外線から頭皮や髪の毛を守る!メラニン色素とは?

          &nbsp …

炭水化物を抜いたダイエットはヘアケアに効果があるのか!?

          無理なダイ …

20130321
ユーカリエキスで頭皮の炎症や不快な臭いを抑える!

        ほんの一昔前までは「薄毛 …

20131106
薄毛に悩んだらどの何科!?まずは薄毛の原因をチェック!

          &nbsp …

20121221
お湯のみで洗う!脱シャンプーとは?

    シャンプーや髪の毛のことについて調べていく中で、「脱 …