女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

シリコンより安全!?髪の潤いを保つポリクオタニウムとは!

      2015/03/11

 

 

 

シャンプーに含まれている成分を調べてみると、意外と多くのシャンプーに含まれているポリクオタニウムという成分に注目しました。

少しお高めのシャンプーに配合されていることが多いのですが、一体どのような成分なのでしょうか。

今回は「ポリクオタニウム」についてお伝えしていきます(‘ω’*)

 

≪ポリクオタニウムとは≫

ポリクオタニウムと言っても、たくさんの種類があります。

 

「ポリクオタニウム―6」

水溶性のカチオンポリマーで、髪をなめらかにし、ツヤを与える効果があります。

また、帯電防止や皮膜形成効果があります。

 

 

「ポリクオタニウム―7」

カチオン活性剤と高分子ポリマー成分を重合して作られ、帯電防止効果があります。

ソフトで柔らかい液体状の皮膜樹脂で痛んだ髪を優しくカバーします。

シリコンよりも高性能で、髪へのコンディショニング効果を得ることができます。

シャンプーには泡立ち向上を目的として配合され、殺菌効果や保護効果もあります。

 

 

 

「ポリクオタニウム―10」

植物からとれる多糖類(セルロース)にプラスイオンをくっつけ柔軟性に優れたコンディショニング剤となっています。

髪への吸着性に優れ、頭皮や髪を保湿する効果があり、シャンプー時のきしみを防ぎます。

 

ポリクオタニウム―10は毛髪や頭皮に吸着しますが、シャンプーを行なった際に流れるため、人体への刺激性などは特になく、シリコンよりも安全が高いとされています。

よくシリコンと間違われることがありますが、基本構造は植物繊維であり、シリコン系の物質でないため、全くの別物です。

 

 

 

「ポリクオタニウム―51」

いわゆる「リピジュア」と呼ばれる水溶性ポリマーで、人間の細胞膜の成分に近く、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を持っています。

汗や水に濡れても保湿性が下がらないという点でヒアルロン酸よりも高性能と言われています。

お肌のバリア機能のサポートする働きもあるので、肌荒れを防いでお肌を美しい状態に保ちます。

シャンプーとしては頭皮の肌荒れ防止、髪や頭皮の保湿として配合されることが多いです。

 

 

 

「ポリクオタニウム―55」

水溶性のカチオンポリマーで、新水性に富んだ表面を形成する部分と疎水性の部分を共有したコンディショニング成分です。

キューティクル表面を守り、枝毛を防ぐ目的としてシャンプーに配合されます。

 

 

 

「ポリクオタニウム―64」

いわゆる「リピジュア」と呼ばれる細胞膜をモデルとした水溶性のリン脂質ポリマーです。

カチオン性なのでダメージした毛髪表面に吸着しやすく、毛髪を保護します。

保湿性にも優れているので、痛んだ髪に潤いを与えます。

 

元々医療用として血管の内側に使用される目的で開発された成分のため、皮膚刺激は低く、安全性は高いです。

シャンプーとしては保湿効果を目的として使用されることが多いです。

 

 

最後に…

ポリクオタニウムと言っても沢山の種類があるので驚きました。

しかし、医療用として開発されたものもあるので、とても安全性の高い成分ということがわかりますね(*´∀`)

お使いのシャンプーにポリクオタニウムが配合されているか、一度見てみてはいかがですか?

 - シャンプーについて, 抜け毛, 毛髪, 水分, 髪についてのあれこれ!, 髪に良い成分 , , , ,

  関連記事

20120925
貧血による薄毛改善の食べ物まとめ!

    貧血になると、髪の毛や頭皮に必要な栄養素が頭皮や髪の …

健康に良いマカがヘアケアにも効果アリ!?

        健康食品として以前から注 …

健康に良い青汁がヘアケアにも良い効果をもたらす!?

          健康に良い …

椿オイルで乾燥を防ぐ!ヘアケア効果とは?

        ヘアケアに良いとされてい …

20130424
シャンプーとコンディショナーは一緒のメーカーを使ったほうがイイ!?

        シャンプーとコンディショ …

美肌を作る神様の贈り物「ケフィア」

        以前から女性の間で人気が …

ヘアケアに大注目の成分「キャピキシル」とは?

      ヘアケアにおいて今注目を集めているのが …

美容成分フラーレンのお肌に嬉しい効果とは!?

          最近注目を …

髪の歴史
平安時代の女性に学ぶ!ヘアケアの基本。

  その時代を象徴するようにヘアスタイルも移り変わりますが、いつの時代 …

食べ続けるとお肌がキレイになるバナナの効果とは!?

          この時期食 …