女性のためのヘアケア

アラフォー女子の真剣ヘアケア日記

*

更年期障害による薄毛の原因と対策

      2013/10/24

 

 

 

年齢を重ねるにつれて心配になってくるのが更年期。

更年期の症状の中には、動悸、肥満、めまい、冷え、肩こり、イライラなど沢山の症状がありますが、その中に実は薄毛もあります。

今回は更年期と薄毛の関係についてお伝えしていきます(≧∇≦)

 

≪更年期とは?≫

まず更年期とは、卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が減少する閉経を迎える前後の期間を指します。

一般的に50歳くらいで閉経を迎えると言われているので、45歳~55歳までの期間を更年期と呼ぶことが多いです。

閉経も個人差があるので、早い人では30代で、過度なダイエットなどをした場合には20代でも女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少してくるそうです。

 

 

≪更年期の症状とは≫

更年期症状には個人差があり、更年期を迎えてもさほど気にならないほどの症状の人も入れば、日常生活も満足にできないほどの方もいらっしゃいます。

一般的に更年期障害の症状の出方や強弱の個人差は、 【身体的要因】ホルモンの減少 【心理的要因】ストレス 【環境的要因】子供の親離れや老親の介護 の3つの要因が原因とされています。

 

女性の場合は、主に女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少することによる身体的要因や仕事や育児などから来るストレスなどの心理的要因の影響が大きいとされています。

 

更年期の症状には主に下記のようなものがあります。

 

・顔がほてる

・手足や腰が冷える

・肩こりがある

・汗をかきやすくなる

・疲れやすい

・イライラ

・睡眠障害

・月経異常

・吐き気

・食欲不振

 

などなど、女性ホルモン(エストロゲン)が減少することによって起こる症状は数え切れません。

上記のような症状が続く場合は、一度病院で調べていただいたほうがよろしいかもしれません。

 

 

≪更年期と薄毛の関係≫

急激に減少した女性ホルモン(エストロゲン)によって引き起こされるのが、薄毛です。

髪の成長は25歳位がピークで、年齢と共に徐々に髪の毛は薄くなっていきます。

女性ホルモンのうちの1つであるエストロゲンは、髪の毛を生成し、髪の成長を持続させるという作用があります。

 

このエストロゲンが減少するということは髪の毛の育成も、髪の毛の成長も著しく止まってしまうということになります。

1つの毛穴から出る髪の本数が減ったり、髪の毛が痩せて細くなってしまったり、髪の色が薄くなったりして、全体的に薄毛になっていくというのが更年期の薄毛の特徴です。

 

これはびまん性脱毛症ともいい、更年期障害による女性ホルモン(エストロゲン)の減少で引き起こされる脱毛症です。

年齢によって減ってしまうエストロゲンを止めるのは難しいですが、食品から栄養素を補ったり、睡眠不足を解消したり、ストレスを減らした生活を送るなどの対策が必要です。

 

 

≪更年期の薄毛対処法≫

イソフラボンを摂取する

イソフラボンはお肌に良いとされていますが、実は女性ホルモン(エストロゲン)の働きとよく似ています。

ですので、イソフラボンを摂取することによって、エストロゲンを補ってくれる働きをしてくれるのです。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているので、出来れば毎日摂取していきたいものです。

 

女性ホルモンを増やす

更年期障害による女性ホルモンの減少が原因であるならば、女性ホルモンを増やすことをすれば良いのです。

女性ホルモンを増やす方法は、ストレスを減らすことが大切です。

もちろん簡単に減らせるならば苦労はしませんが、ストレスの原因を突き止めるばかりだけではなく、ウォーキングやストレッチなどをして運動をしたり、本を読んだり、自分の好きなことをする時間を設けてみてください。

 

そうすることによって、自然とストレスについて考える時間が減り、ストレスを減らすことが出来ます。

女性ホルモンを増やす方法をもっと詳しく知りたい方は、詳しくまとめたものがありますので、もし良ければ→ 薄毛の原因女性ホルモンの減少を抑える6つの方法!

 

頭皮の血行を促進する

ヘアケアの基本と言えば頭皮の血行を促進することです。

頭皮の血行を良くすることで、頭皮や毛母細胞に栄養と酸素が行き渡り、抜け毛や薄毛の減少に繋がります。

 

頭皮の血行をよくする方法として、一番手軽なのはやはり頭皮のマッサージです。

頭皮マッサージはヘアオイルを使っても良いですし、シャンプーをする際に行なってもOKです。

このとき、頭皮に負担の掛かるシャンプーやオイルを使用してしまうと、逆効果になりますので、自分にあっているか今一度チェックしてみましょう!

 

また、頭皮の血行を促進することも大切ですが、全身の血行促進も重要です。

頭皮の血行が悪いと首や肩、そして全身の血行も悪くなっているということですので、代謝が悪くなってしまいます。

 

全身の血行を促進するには有酸素運動がオススメです。

ウォーキングやジョギング、サイクリングなどで大丈夫ですので、最近肩こりがひどいなと思った方はぜひお試しください。

 

また、慣れないと少しきついですが、スクワットもオススメです。 第二の心臓と呼ばれる太ももを鍛えるスクワットは、下半身から上半身に血液を押し返すポンプ作用が向上するので、全身の血行を良くすることに繋がります。

特に日頃運動不足で、デスクワーク中心の方はスクワットがオススメです(●´▽`●)ノ

 

 

最後に…

女性にとって更年期とは切っても切れない縁です。

ならば、対策を練って普段から規則正しい生活や髪の毛に良い栄養素をバランス良く摂るようにしてみましょう(o^ ^o) /

 

 - エストロゲン, ストレス, 女性ホルモン, 頭皮マッサージ , , , ,

  関連記事

a1180_007986
ドライマウスで薄毛が進行!?口の渇きが抜け毛の予兆かもしれません!

          &nbsp …

肩こりが抜け毛の原因!?肩こり解消簡単マッサージとは!?

      仕事柄デスクワークをしているので肩こり …

20130422
ヘアケアは継続が大事!育毛剤の効果が現れるには…?

        いきなりですが、みなさん …

20121220
5つの間違ったヘアケアで頭皮はダメージ!

    冬のこの時期、乾燥による頭皮のダメージが進行します。 …

20130304
毛穴の詰まりは水道水が原因だった!?

      少しずつ気温も暖かくなってきましたね! …

血行促進作用のあるシナモンでヘアケア!

        女性に嬉しい成分が入って …

髪の毛を触ってしまう行為の意味とは!?

      たまにやってしまうのですが、自分の髪の …

20130613
脱毛の原因まとめ

        髪の毛が抜ける、というの …

20130716
ついつい夜ふかししがちな夜に!安眠方法まとめ2

      日が伸びるとついつい夜ふかししてしまい …

20130405
育毛サロンと育毛病院での施術の違い!

      薄毛や抜け毛に悩んで、もう自分じゃどう …